プラスチックの教科書

プラスチックの教科書 7.石油精製 プラスチックの元 技能検定 射出成形 1級2級

プラスチック・ファン

特級技能士が教える技能検定対策 「射出成形作業」

にお越しいただきありがとうございます。

 

プラスチック成形の仕事をする上で、必要な知識をまとめた

 

【プラスチックの教科書】

 

を作っていこうと思います。

 

第7回は「石油精製 プラスチックの元」です。

 

初心者でもわかる様に簡単にわかりやすく解説していきます。

中級者、ベテランには、「そんなの知ってるよぉ」という内容です。

自身の知識の再確認としてお使い下さい。

 

一緒に、プラスチックの勉強をしていきましょう!!

↓前回までのおさらい↓

第1回 プラスチックとは

プラスチックの教科書 1.プラスチックとは 技能検定 射出成形 1級2級

第2回 プラスチックの歴史

プラスチックの教科書 2.プラスチックの歴史 技能検定 射出成形 1級2級

第3回 プラスチックの種類 ①汎用プラスチック

プラスチックの教科書 3.プラスチックの種類 ①汎用プラスチック 技能検定 射出成形 1級2級

第4回 プラスチックの種類 ②エンプラ

プラスチックの教科書 4.プラスチックの種類 ②エンプラ 技能検定 射出成形 1級2級

第5回 プラスチックの種類 ③スーパーエンプラ

プラスチックの教科書 5.プラスチックの種類 ③スーパーエンプラ 技能検定 射出成形 1級2級

第6回 プラスチックの種類 ④エラストマー ⑤生分解プラスチック

プラスチックの教科書 6.プラスチックの種類 ④エラストマー⑤生分解プラスチック 技能検定 射出成形 1級2級

1.石油精製 プラスチックの元

プラスチックは、どうやって作られるのでしょう。

「なんとなく石油からできているんだろうな。」とわかっていると思います。

そんなプラスチック原料の作り方

まずは「石油精製」を今回は簡単に説明していきます。

 

(ⅰ)石油精製の流れ

石油精製の流れは実に面白い。

元の重油から様々な石油製品に分けます。

さぁ簡単に説明していきましょう。

 

石油精製の流れはこちら↓

  1. 海外の油田から重油が輸入
  2. 石油成形工場で重油を加熱
  3. 石油蒸気にして蒸留塔へ送る
  4. 蒸留塔で温度別に分けられる

○残油(重油・アスファルト)

原油蒸留し350℃以上から得られるものを、【残油】をいいます。

重油、アスファルトなどが作られます。

船舶の燃料、火力発電所の燃料にも使用されます。

○軽油

原油を蒸留し240~350℃では、【軽油】がとれます。

軽油は、ディーゼルエンジンの燃料ですね。

トラック、バスの燃料に使用されます。

○灯油

原油を蒸留し170~250℃では、【灯油】がとれます。

灯油は、ストーブなど家電で使用される他、ジェット機の燃料にも使用されます。

○ガソリン・ナフサ

原油を蒸留し35~180℃では、ガソリン・ナフサが取れます。

ガソリンは自動車のねんりょうですね。

ナフサは、プラスチックの材料になる素材です。

○石油ガス

原油を蒸留し、低い温度帯では、石油ガスがとれます。

タクシーの燃料、ガスコンロのガスです。

(ⅱ)石油製品は連産品

先に紹介した原油の蒸留から精製される各石油製品は、作成される割合は一定になります。

これを連産品と言います。

おおよその割合は下図の通りです。

石油製品 割合(%)
ガソリン 25
軽油 19
B・C重油 14
A重油
灯油
ナフサ
ジェット燃料
その他
    • 石油精製は連産品ですので、

 

  • ガソリンだけ欲しい。
  • ガソリンだけ多く欲しい。

というような事ができません。

 

重油から蒸留された全ての石油精製品は、余りのない様に、効率的に利用されていますね。

おすすめ記事

技能検定参考書のご紹介

おすすめコンテンツ

-プラスチックの教科書

Copyright© Plastic Fan , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.