成形条件

射出成形における低圧金型保護の成形条件

499

低圧金型保護とは

射出成形加工における低圧金型保護とは金型を閉めていくときに異常があると高圧型締を中止する安全機能です。

低圧金型保護設定 特徴
きつい 金型に挟み込みがないのに、金型自身の閉まる抵抗に反応してアラームがでてしまいます。
あまい 金型に異物を挟み込んでいるのに、そのまま高圧型締めしてしまい、最悪の状況では金型をつぶしてしまいます。

 

低圧金型保護条件の設定ポイント

通常は、金型が閉まっていき、ピタッと合わさった時点で高圧型締されます。
低圧金型保護とは、高圧型締前に、何か挟み込んでいる時、停止する保護機能です。

高圧型締直前の10mm程度は、型閉めする力を限りなく低圧、低速に設定します

一般的に、低圧金型保護は、タイマーで監視します。
一定時間内に金型が閉まり切らなかったらアラームが鳴るシステムです。

金型が閉まっていき、高圧型締に至ると型閉め完了です。
通常の型閉め時間+1秒程度で監視し、超えればアラームが鳴ります。

 

低圧金型保護が発生する例

実際に金型保護が起こる事例を紹介します。

  • 金型の一部が破損している
  • 前ショットの製品が残っている
  • 取り出し機の部品が外れて金型内に落ちてしまっている
  • 立ち上げから数ショット後に、金型が熱膨張してパーティング位置がかわった

 

低圧金型保護条件と成形不良の関係

低圧金型保護条件と成形不良の関係は下記の通りです。

①サイクルアラーム

低圧金型保護の設定がきついと、金型に異常がなくてもアラームがでてしまいます。

□対策

基本的に、金型を安全に取り扱うために必要な機能ですが、過剰な金型保護設定は不要です。

必要最低限の保護圧力を設定しましょう。射出成形においてチョコ停が起こると、樹脂は滞留して変色したり、粘度が下がり立ち上げ時にオーバーパックしたり、二次災害に波及することがあります。

できる限り連続成形が理想です。

成形条件の作り方

【保存版】射出成形 成形条件の作り方 条件出しの基本 特級技能士が徹底解説

続きを見る

射出ユニットの成形条件

射出ユニットの成形条件は、加熱筒で樹脂を溶かして、金型に高速で充填する設定です。

  1. 加熱筒温度
  2. 計量完了位置
  3. 射出圧力(1次圧)
  4. 射出速度
  5. VP切り換え位置
  6. 保圧(2次圧)
  7. 保圧時間
  8. ゲートシール時間
  9. 冷却時間
  10. 計量(スクリュー回転)
  11. 背圧
  12. サックバック

型締めユニットの成形条件

型締めユニットの成形条件は、金型の開け閉め、EJの前後進する設定です。

  1. 型締力
  2. 低圧金型保護
  3. 型開閉
  4. エジェクター(エアーエジェクター)
  5. スライドコア
  6. ねじ抜き装置
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|自宅で射出成形機で研究中|射出成形工場勤務|機械装置の販売修理|IPF2023で射出成形ロボットプラモを配るよ|ミスミ様、MAZIN様、Sotas様 業務契約中

-成形条件

Copyright© Plastic Fan , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.