プラ太郎

特級プラスチック成形技能士 | 2級 1級 特級 全て1発合格 | 自宅に射出成形機を持つ射出成形マニア | 射出成形工場勤務サラリーマン | 副業:機械販売修理・ウェブサイト運営(電子書籍「技能検定 合格マニュアル」販売)・ミスミ様、マジン様業務委託契約・ものづくり企業コンサル+ウェブサイトマーケティング数社契約中 | 電気工事と英語好き | Toeic800点

成形条件

射出成形における型締力の成形条件

型締力とは

射出成形加工における型締力(かたじめりょく)とは、金型を高圧で型締めする力のことです。

実際に金型には、数十トン〜数千トンというとても強い力がかかります。

型締力設定 特徴
高い ガス逃げが悪くなります。必要以上の高圧型締めは不要です。バリが出ない程度の最少型締力が理想です。
低い 充填圧に負けて、バリがはります。

 

型締力条件の設定ポイント

金型を高圧型締する理由は、金型に充填した原料をパンパンに押し込めるためです。

型締力が足りないと、射出圧に負けて、充填した原料は金型からはみ出してしまいます。

逆に、型締力が高すぎると、ガスベント(下記にて解説)からのガス逃げが悪くなり、ショート、湯ジワ、ガスやけの原因になります。

型締め力は基本的に、製品の投影面積をもとに計算します。
ただし、成形機の性能や、原料の流動に影響を受けるので、目安として捉えて、製品現物を見て判断します。

また、近年の射出成形機は、型締ユニットにセンサーが付いており、
自動で最少型締力を検出できる機種も存在します。

高圧型締位置の設定ポイント

金型がぴったりとしまった位置で、高圧型締めをします。

この位置を、高圧型締位置、高圧復帰位置と呼びます。

金型は、型温が上がると膨張します。
(金型温度調節機で加熱した後、HRヒーターUPした後、成形スタート後)

金型が熱膨張すると、事前に設定していた高圧型締位置まで到達しなくなります。

そんな時は、もう一度、自動型圧調整をして高圧型締位置を再設定しましょう。

関連

ガスベントとは

ガスベントとは、金型のキャビコア合わせ面(パーティングライン:PL)に彫られた隙間です。

型締した時は、金型内製品部は空洞です。
空洞部の空気と充填時に発生するガスを上手く逃して、原料に置き替えなくてはいけません。
このガスベントを通って金型外へ逃げていきます。

何千〜何万ショット連続成形することで、ガスベントがガスヤニで詰まっていきます。
定期的な金型清掃が必要です。
一般的には、1日に1回、各勤務に1回など頻度を決めて、金型清掃を行います。

また、金型自体の消耗によりガスベント自体が潰れて隙間がなくなっていきます。
ガスベント潰れは、計画的にベント彫り直し修理をします。

 

型締力条件と成形不良の関係

型締力条件と成形不良の関係は下記の通りです。

①バリ、オーバーパック

型締力が低いと、充填圧力に負けて樹脂が製品面の外にはみ出してしまいます。

□対策

型締力が適正にかかっているか再確認しましょう。型締め力を強くしてもバリが直らないときは、金型に隙間が空いているか、充填圧力が高すぎることが原因です。

②ガスショート

型締力が高すぎることで、ガス逃げ不良によるガスショートが発生します。

□対策

型締め力を、低く設定してみましょう。良化しない時は、ガスベントの詰まりや、そもそもガスベントがつぶれていることがあります。その場合は金型オーバーホールやガスベントの彫り直しで改善します。

成形条件の作り方

【保存版】射出成形 成形条件の作り方 条件出しの基本 特級技能士が徹底解説

続きを見る

射出ユニットの成形条件

射出ユニットの成形条件は、加熱筒で樹脂を溶かして、金型に高速で充填する設定です。

  1. 加熱筒温度
  2. 計量完了位置
  3. 射出圧力(1次圧)
  4. 射出速度
  5. VP切り換え位置
  6. 保圧(2次圧)
  7. 保圧時間
  8. ゲートシール時間
  9. 冷却時間
  10. 計量(スクリュー回転)
  11. 背圧
  12. サックバック

型締めユニットの成形条件

型締めユニットの成形条件は、金型の開け閉め、EJの前後進する設定です。

  1. 型締力
  2. 低圧金型保護
  3. 型開閉
  4. エジェクター(エアーエジェクター)
  5. スライドコア
  6. ねじ抜き装置

おすすめコンテンツ

技能検定参考書のご紹介

-成形条件

Copyright© 射出成形作業 技能検定 1級2級合格対策 プラスチックファン・Plastic Fan , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.