成形条件

射出成形における計量完了位置の成形条件

7,121

計量完了位置とは

射出成形における計量完了位置とは1ショット分の樹脂を計量したスクリューの位置です。

計量完了位置設定 特徴
多い 製品が過充填になり、バリやオーバーパックになります。
少ない 1ショット分に対して不足すると、ショートします。

【計量完了位置のイメージ】

 

計量開始位置条件の設定ポイント

射出成形は、1ショットごとに計量します。
スクリューを回転させることで、スクリューは後退していき、原料は溶けながら加熱筒先端へ送られていきます。

その時、背圧(スクリュー後方から圧力をかけること)をかけることで溶融樹脂の密度を上げていきます。
(背圧の条件設定は、後の章で詳しく解説しています。)

試作や立ち上げの際、いきなりフル充填するほどの計量位置でのスタートは危険です。
金型に必要以上の樹脂が充填する(オーバーパック)と金型を破損することがあります。

成形品の元データに則って、基本重量に合わせて充填量を決めます。

充填量 = 計量完了位置 ー 最少クッション位置

最少クッション位置をいくつにするのかで、計量完了位置は変わります。

 

関連記事
射出成形の最小クッション値とは? 最小クッション値の意味と管理方法

続きを見る

 

射出成形に慣れてくれば、どのくらい計量すると、どのくらい充填できるかがわかってきます。
オーバーパックしない程度の計量完了位置から充填していくことで、徐々に条件を詰めていきます。(ショートショット法:後の章で解説しています。)

 

計量完了位置条件と成形不良の関係

計量完了位置の条件設定に起因する不良を解説していきます。

①ショート、バリ

計量完了位置が、不足しているとショートが、多すぎるとバリが発生します。原料ロットや、成形環境(工場温度、湿度)のバラツキを許容できる数値を設定しましょう。

□対策□

・計量完了位置⇛VP切換え位置⇛最少クッション位置までの溶融樹脂が、金型内に充填されます。立ち上げから、成形が安定するまで、10分〜1時間ほどかかります。立ち上げたら、別の型替えや作業に行きたいところですが、しばらくは観察と調整が必要です。

また、ショート、バリ発生を検知できる様に、最少クッション位置を監視しましょう。

②樹脂漏れによるショート

ノズルタッチがずれていたり、ホットランナー金型のパンクなど、計量位置が問題なくてもショートしてしまうことがあります。

□対策□

定時の点検をしましょう。ノズルの樹脂漏れ、金型の目視が有効です。ホットランナーのパンクは目視では判定しずらいトラブルです。最少クッション位置を監視して予防しましょう。

 

成形条件の作り方

【保存版】射出成形 成形条件の作り方 条件出しの基本 特級技能士が徹底解説

続きを見る

射出ユニットの成形条件

射出ユニットの成形条件は、加熱筒で樹脂を溶かして、金型に高速で充填する設定です。

  1. 加熱筒温度
  2. 計量完了位置
  3. 射出圧力(1次圧)
  4. 射出速度
  5. VP切り換え位置
  6. 保圧(2次圧)
  7. 保圧時間
  8. ゲートシール時間
  9. 冷却時間
  10. 計量(スクリュー回転)
  11. 背圧
  12. サックバック

型締めユニットの成形条件

型締めユニットの成形条件は、金型の開け閉め、EJの前後進する設定です。

  1. 型締力
  2. 低圧金型保護
  3. 型開閉
  4. エジェクター(エアーエジェクター)
  5. スライドコア
  6. ねじ抜き装置
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-成形条件

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.