技能検定

特級技能士が実体験から語る 技能検定 射出成形作業の難易度は? 1級 2級 特級

2018年5月18日

射出成形業界において【技能士資格】は金看板です。

技能士は、射出成形工場では【花形】
どの射出成形工場でも優遇、高待遇されるおすすめ資格です。

そんな射出成形技能士は、難易度が高いことで有名です。

今後、受験を考えている皆さんに少しでも役立つ情報を発信できればと思っております。

本記事は、

プラ太郎@特級プラスチック成形技能士
・一部上場企業 射出成形工場勤務
・2級1級特級全て1発合格
・特級は35歳取得 県内1位表彰 が、

実体験を元によりリアルな難易度を解説しております。

資格サイト説明では伝わらない 【難易度の真相】をシェアできればと思っています。

 

技能検定「1級2級 射出成形作業」の解説

技能検定の解説していき、最後に総合的な難易度を判定していきます。

まずは1級2級 射出成形作業の解説から

1.等級区分・実務経験

技能検定は、試験基準が下図の通り区分されています。
射出成形の実務経験は、射出成形に関する企業に勤務していれば、カウントされます。

等級 実務経験のみ 下位級取得の場合
2級 2年以上 ※又は、3級取得後0年
1級 7年以上 又は、2級取得後3年

(※3級は後期試験対象ですので、
例えば、2000年度後期3級合格後⇛2001年度前期2級受験可能という意味です。)

 

実際、私の実務経験を紹介します。

■2級受験時■
1年目
2008年に射出成形機の販売代理店に就職しました。
成形機や取り出し機の修理据付がメインでしたので、射出成形のことは全くわかっていませんでした。
2年目
出向で、射出成形工場に配属替え(成形課配属)ここでやっと段取りや掃除など技能士見習いからはじまりました。
3年目
業種は異なりますが、累計2年とカウントされ、2級受験資格を得ました。

■1級受験時■
2級合格後2年で1級受験可能となりますが、
転職の都合で、2級合格後3年で1級受験しました。

 

プラ太郎
7年の実務経験を満たしている方は、まずは2級合格から目指す?!それとも飛ばして1級を目指す?!悩ましいですね。
⚠選ぶポイント⚠
試作に慣れている方は、1級チャレンジ。
条件出しをあまりやったことない方は、2級からがおすすめです

 

2.試験内容

(ⅰ)学科試験

100点満点で、合格点は65点以上です。

学科試験の特徴を解説していきます。

■範囲が広い■

学科試験で問われる知識は範囲が広い

試験科目で8分類

  1. 共通
  2. 成形加工法
  3. 成形機
  4. 金型
  5. 材料
  6. 関連JIS
  7. 製図
  8. 関連法令

この目次を見ただけで、難しそうですよね。

■専門的な問題■

射出成形工場の現場仕事だけでは、絶対に解けません

2級は、一般的な問題、概要
1級は、一般的な問題、概要に加えて、専門的な知識

と説明されていますが、聞いたこと無い言葉が多くて驚くことと思います。

 

理由としては、射出成形と言っても業界や成形法によって全く異なるからと考えます。
例えば、
①超精密小型成形機で医療部品
30tの成形機で、1個5g、針穴が0.35Φ

②車のバンパー
2000tの成形機で、製品は1個5kgで外周のバリ取り追加工有り

この2種類をとっても、業界が違えば全く異なりますね。

  • 成形機の大きさ/必要な付帯設備
  • 成形品の品質レベル
  • 成形法
  • 段取り方法/手順
  • 金型の構造
  • 材料 添加剤  など

勤め先によって、知識に偏りが出てしまうものです。

だから、射出成形の問題と定義されても「えっ?!初めて聞く言葉なんだけど、、、」
となってしまうのです。

2級の場合、初心者が実務経験2年で、通常業務、OJT、社内教育などで習得できるレベル以上です。

 

プラ太郎
学科試験を合格するには、試験勉強が必須だよ!
・範囲が広く
・専門的な知識を問われるから
試験勉強0だと、当日痛い目を見るぞ

 

(ⅱ)実技試験

実技試験で、求められる技能は、【射出成形作業】です。

「時間内に良品と思う製品を必要個数成形すること」をベースに、
安全に作業をできるかがポイントです。

1級2級共に、受験者の半数以上が制限時間打ち切りで失格となる試験ですので、
いかに手際よく工程ごとにこなせるかを意識しましょう。

射出成形作業が関なのは、この実技試験のせいです🔥

とにかく合格できない。涙涙涙

私の同僚に、1級合格するまでになんと8年かかった人がいます

実技試験を語るには、ボリュームが多すぎるので別の機会にお話します。

プラ太郎
受験者の半数以上は失格。
作業には多くの減点ポイント。
製品の品質見極めも難しい。
とにかく合格できない。だから優遇される花形資格

 

1級2級 射出成形作業の難易度は?

技能検定のパンフレットに、技能検定の位置づけがこの様に紹介されています。
「技能検定とは、働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、
国として証明する技能の国家検定制度」
の文言の通りですね。

技能士は、【知識と技術を国が認めた証
やはり簡単には合格できない様になっています。

(ⅰ)2級 射出成形作業 難易度

2級 難易度
学科試験 易しい
実技試験 易しい

難易度は経験相当です。
受験資格の実務経験2年以上の通り
射出成形の現場作業を一通りできる様な、中級者向けの試験難易度です。

学科試験
試験科目の範囲は広いが例年出題される傾向はあります。
過去問題を数年分繰り返し解くことで、合格に必要な知識を習得することが可能です。
当日一発勝負では、合格確率はぐっと下がります。
射出成形の知識を得るいい機会と考え、腰を据えて勉強しましょう。

実技試験
2級は、PS、ABS樹脂を20個ずつです。
・2種類の原料は、温度帯がほぼ一緒
・試験時間は、余裕がある
安全作業遵守し、ある程度の練習をすれば合格可能です。
ただし、受験者の半数以上は時間切れの失格です。
色々な要因がありますが、受からない人は何年受験しても合格できません

実技試験の対策ポイントはこのページの最後に紹介いたします。

 

(ⅱ)1級 射出成形作業 難易度

1級 難易度
学科試験 易しい
実技試験 難しい

難易度は、経験年数相当と言えますが、標準作業を順守出来ているかが問われる。
実務経験7年以上(2級合格後2年以上)は、上級レベルの位置づけです。

学科試験
2級受験を経験された方でしたら、イメージは少し難しくなる程度です。
射出成形の専門的な問題も出題されます。
1級から受験される方には、覚えることが多くて困惑されることと思います。
やはり例年出題される傾向はありますので、過去問題を数年分解くことで、合格に必要な知識を習得することが可能です。

実技試験
実技試験が難関ポイントです。
1級実技試験は「難しい」レベルです。
2級と比較してはるかに難易度は上です。
PS、PCの40個ずつは、受験生の半分以上が時間切れになってしまいます。
綿密にシュミレーションをして、確実に作業をしていかなければなりません。

実技試験の対策ポイントはこのページの最後に紹介いたします。

特級プラスチック成形技能士 難易度は?

■受験資格
1級合格後5年

■資格内容
2級 1級 射出成形作業の試験と、全くの別物です。
現場の知識技術でなく、管理者として持つべき知識技術が焦点です。

その範囲は、「管理」に関するものです。

  • 工程管理
  • 作業管理
  • 品質管理
  • 原価管理
  • 設備管理
  • 安全衛生管理及び環境の保全

事前の試験対策をしなくては、絶対に合格できません
社会人に取って、仕事をこなして家で試験勉強する頃には
もう眠くなってしまいます。
この勉強時間の確保ができません。

限られた時間の中で、いかに効率よく学んでいくかがポイントです。
あとは眠気との戦いです。

スキマ時間を利用してコツコツ知識を蓄積していきましょう。

難易度は、難しいです。

 

まとめ

技能検定 射出成形作業 難易度

等級 試験資格 レベル 学科試験 実技試験
2級 実務経験2年以上
又は、3級合格後0年
中級者 易しい 易しい
1級 実務経験7年以上
又は、2級合格後2年
上級者 易しい 難しい
特級 1級合格後5年 管理者 難しい 難しい

 

当方は、技能検定 射出成形作業の対策の対策サイトになります。

学科試験の対策ページはこちらから

詳しくはコチラ

実技試験の対策パージはこちらから

詳しくはコチラ

おすすめコンテンツ

おすすめ記事

技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

-技能検定

Copyright© プラスチックファン・Plastic Fan , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.