成形条件

射出成形における冷却時間の成形条件

4,975

冷却時間とは

射出成形加工における冷却時間とは、樹脂を充填後、金型内で冷やし固める時間です。

冷却時間設定 特徴
短い 固化が甘く収縮しやすい。取出し後のソリや変形が発生します。
長い 冷えすぎて金型内で収縮した製品は、EJ時抜き抵抗が増して傷になりやすい。
また製品取出し後、製品寸法は収縮しにくい。

 

冷却時間条件の設定ポイント

射出⇛保圧の後は、金型内で製品を冷却します。

金型内に充填された樹脂は、金型内部を通る冷却水にて水冷されます。

樹脂は金型に接する面から冷えていきます。この金型に触れるところをスキン層と言います。

スキン層薄い段階で取り出すと、樹脂は大きく収縮しヒケてしまいます。
スキン層をしっかりと冷え固めてから、取り出すことが重要です。

ポイント

冷却時間はどうやって決めるの??

成形品の設計段階で、目標の1サイクル時間は決まっています。その目標1サイクル時間を目指して冷却時間を設定していきます。

□冷却時間設定で確認すること□

  • 冷却が十分か?(ヒケないか。収縮しすぎないか。)
  • 計量が間に合うか?(冷却時間内に計量完了するか。)
  • 目標サイクルに間に合っているか?

 

冷却時間と製品寸法の関係

冷却時間は、取り出した後の製品の寸法に大きく影響します。

冷却時間 短い
熱いまま製品を取り出すと、その後大きく収縮する
寸法は小さくなる

冷却時間 長い
冷まして製品を取り出すと、その後収縮は少ない
寸法は小さくなりずらい

 

冷却時間条件と成形不良の関係

冷却時間と成形不良の関係は下記の通りです。

①ヒケ、寸法下限NG

冷却時間が短いと冷却不足により、製品取出し後に大きくヒケます。寸法は小さくなります。

□対策

スキン層の冷却がかんりょうしてから取り出すようにしましょう。

②取出しミス

冷却時間不足時は、十分に固化していないことから、金型内に食いついて離型しない。
または、部分的に取られてしまう。

冷却時間が長すぎると、製品が金型に抱き着くので、EJ抵抗が大きくなり、エジェクト時、変形してしまうことがあります。

□対策

製品の抜けや、取出し動作を見ながら、適正な冷却時間を設定しましょう。

 

プラ太郎
冷却時間はそのまま1サイクル時間に影響します。出来る限り最少が望ましいね。

成形条件の作り方

【保存版】射出成形 成形条件の作り方 条件出しの基本 特級技能士が徹底解説

続きを見る

射出ユニットの成形条件

射出ユニットの成形条件は、加熱筒で樹脂を溶かして、金型に高速で充填する設定です。

  1. 加熱筒温度
  2. 計量完了位置
  3. 射出圧力(1次圧)
  4. 射出速度
  5. VP切り換え位置
  6. 保圧(2次圧)
  7. 保圧時間
  8. ゲートシール時間
  9. 冷却時間
  10. 計量(スクリュー回転)
  11. 背圧
  12. サックバック

型締めユニットの成形条件

型締めユニットの成形条件は、金型の開け閉め、EJの前後進する設定です。

  1. 型締力
  2. 低圧金型保護
  3. 型開閉
  4. エジェクター(エアーエジェクター)
  5. スライドコア
  6. ねじ抜き装置
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-成形条件

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.