成形条件

射出成形における保圧時間の成形条件

4,424

保圧時間とは

射出成形加工における保圧時間とは、充填後半の保圧をかける時間のことです。

保圧時間設定 特徴
短い 十分に充填されず、ヒケやショートになります。
長い 加充填になりバリやオーバーパックになります。ゲートシール後の保圧は製品部に影響しないので無駄になります。
プラ太郎
保圧力をどのくらいの時間かけるかで、成形品の外観と寸法が変わります。

 

保圧時間条件の設定ポイント

保圧時間の目安は、ゲートシール時間を元に設定していきます。

関連

ゲートシール時間とは?

製品の入り口ゲートが冷え固まるまでの時間です。

金型内のランナーから樹脂は流れて、ゲートを通過して製品に充填されます。

保圧は、充填した樹脂の逆流防止と、体積損失の補填が目的です。

つまり、ゲートが冷え固まるまで保圧は製品部に効きます
逆に、ゲートが冷え固まった後は、いくら保圧をかけても製品部に効きません。

 

ゲートシール時間の求め方は、下記リンク先で解説しています。

射出成形におけるゲートシール時間の設定方法 保圧時間の決め方

続きを見る

 

保圧時間条件と成形不良の関係

保圧時間条件と成形不良の関係は下記の通りです。

①ヒケ、ショート

保圧をかける時間が短いことで、流動末端のヒケやショートがおこります。

□対策

ゲートシール時間を考慮し、保圧が十分に及ぶ時間を設定します。

②バリ

保圧力が高いと、バリになってしまいます。

□対策

保圧力を1段ですと、VP切り換え以降大きな圧力がかかり、バリが発生してしまいます。保圧力を多段制御することが有効です。保圧力1段目を下げ、バリ発生個所の圧力を弱めます。その後、保圧力2段目で圧力をかけることで改善します。

保圧力の多段制御の例
BEFORE
保圧力1段 60Mpa 保圧時間 2sec バリ発生 ✖

AFTER
保圧力1段 30Mpa 保圧時間 1sec
保圧力2段 60Mpa 保圧時間 1sec バリ良化 ◎

 

成形条件の作り方

【保存版】射出成形 成形条件の作り方 条件出しの基本 特級技能士が徹底解説

続きを見る

射出ユニットの成形条件

射出ユニットの成形条件は、加熱筒で樹脂を溶かして、金型に高速で充填する設定です。

  1. 加熱筒温度
  2. 計量完了位置
  3. 射出圧力(1次圧)
  4. 射出速度
  5. VP切り換え位置
  6. 保圧(2次圧)
  7. 保圧時間
  8. ゲートシール時間
  9. 冷却時間
  10. 計量(スクリュー回転)
  11. 背圧
  12. サックバック

型締めユニットの成形条件

型締めユニットの成形条件は、金型の開け閉め、EJの前後進する設定です。

  1. 型締力
  2. 低圧金型保護
  3. 型開閉
  4. エジェクター(エアーエジェクター)
  5. スライドコア
  6. ねじ抜き装置
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-成形条件

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.