成形不良の原因と対策

成形不良 ピンホール 原因と対策

350

ピンホールとは

射出成形加工におけるピンホールとは、成形品の一部に穴が開いている状態です。
メッキや塗装など二次加工の加工原因になります。また、肉薄成形品は、ピンホールが貫通穴になってしまい、重大欠点になることがあります。

ピンホールのメカニズム

ピンホールは、充填時の圧損や、ガス抜け不良、金型冷却回路の詰まりなどにより、本来充填するべき箇所に充填できない時に発生します。

ピンホールの発生しやすい箇所

ピンホールが発生しやすい箇所は下記の通りです。

  • 製品表面
  • 袋小路のガス溜まり
  • ゲート部 など

ピンホールの原因と対策

ピンホールの原因は下記の通りです。

  • 射出速度の調整
  • 型開き速度の調整
  • 金型表面の荒れ
  • カス抜け不良 など

ピンホールの原因と対策の続きはこちらから>

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-成形不良の原因と対策

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.