成形不良

成形不良 糸引き 原因と対策

1,057

糸引きとは

射出成形における糸引きとは、型開き時にスプルーやゲートに糸状に樹脂が伸びている状態です。
長く伸びた糸引きが、意匠面にインサートしてしまうと、次のショットに糸模様が転写されてしまいます。また、毎ショット金型に挟み込んでしまうと、金型が破損してしまうことがあります。

糸引きのメカニズム

スプルー切れ、ゲート切れが悪い時に、糸引きは起こります。
樹脂がしっかりと冷却されていなかったり、必要以上の圧がかかっていると発生しやすいです。

糸引きの発生しやすい場所

糸引きが発生しやすい箇所は下記の通りです。

  • スプルー先端
  • セミホットランナーのコンタクトブッシュ部
  • ダイレクトゲートの先端など

熱源に設置している箇所に発生します。

糸引きの原因と対策

糸引きの原因は下記の通りです。

  • スプルー形状
  • ノズル温度管理
  • サックバック・背圧の調整
  • HR(ゲート・スプルー部)の調整

糸引きの原因と対策の続きはこちらから>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-成形不良

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.