成形不良の原因と対策

成形不良 コンタミ 原因と対策

211

コンタミとは

射出成形加工におけるコンタミとは異物や不純物が混入している状態です。英語のコンタミネーション(contamination)の略です。
製品内に、粒粒のごみが混入していることや、付着していることで外観が良くないことが不良理由です。

コンタミのメカニズム

射出成形工程のいずれかで、チリやごみ、樹脂の炭化物などが混入し、製品に練り込まれてコンタミになります。

あるいは、成形後の付着異物もコンタミに含まれることがあります

コンタミの発生しやすい場所

コンタミは、溶融樹脂の中にはいっているため、特定の場所に発生することはありせん。

成形後の付着異物も、特定の場所はありません。

コンタミの原因と対策

コンタミは、完全になくすことができません。どの会社もコンタミ対策は悩みの種です。ただし、適切な管理をしていくことで限りなく0に近く発生を抑えることが可能です。

コンタミの原因は下記の通りです。

  • 成形工程のいずれかから混入する
    ・原料搬入にて、チリごみ
    ・スクリュー内からの炭化物剥がれ落ち
  • 成形工程のいずれかで付着する
    ・取出し機、コンベア
    ・倉庫保管中

コンタミの原因と対策の続きはこちらから>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-成形不良の原因と対策

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.