成形不良の原因と対策

成形不良 バリ 原因と対策

174

バリとは

射出成形加工におけるバリとは製品の形状より樹脂がはみ出している状態です。

外観が悪いことや、寸法が合わないこと、かんごう(組み立て)できないこと、鋭いバリは危険なことなどが不良理由です。

バリのメカニズム

本来金型は、キャビとコアがぴったりと合わさった状態で、樹脂が充填されます。必要以上の樹脂が充填されると、バリが発生します。または、累計ショットが増えると合わせ面が消耗劣化して、隙間があいていきます。この隙間に入り込んだ樹脂がバリ不良になります。

バリが発生しやすい場所

バリの発生しやすい場所は下記の通りです。

金型の合わせ面
・キャビコアパーティングライン
・エジェクターピンの合わせ
・スライド入れ子の合わせ

バリの原因と対策

様々な要因が重なりバリが発生しますが、主な原因は下記の通りです。

  • 過充填
  • 金型の消耗
  • 金型の取り扱い

バリの原因と対策の続きはこちらから>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-成形不良の原因と対策

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.