成形不良の原因と対策

成形不良 ショートショット 原因と対策

358

ショートショットとは

射出成形におけるショートショットとは製品形状の一部が欠けている状態です。

製品として完成していないこと、本来あるべき機能がない、外観が不足していることが不良理由です。

ショートショットのメカニズム

金型内に充填される途中で、樹脂の流れが失速してしまい最後まで充填されないとショートショットが発生します。

ショートショットが発生しやすい場所

ショートショットが発生しやすい場所は下記のとおりです。

  • 最終充填部
  • 袋小路のガス溜まり部

ショートショットの原因と対策

様々な要因が重なりショートショットが発生しますが、主な原因は下記の通りです。

  • 成形条件が適切でない
  • 金型のガス抜けが悪い
  • 射出成形機加熱筒内のスクリュー先端の異常 など

ショートショットの原因と対策の続きはこちらから>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-成形不良の原因と対策

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.