射出成形の知識

射出成形工場の点検項目 始業前点検 日常点検 定期点検の違いと点検ポイントを解説

33

射出成形工場における

機械・装置の点検について、点検の種類と目的、点検ポイントを解説します。

こんな方におすすめ

  • 射出成形工場の点検箇所は?
  • どんなところをどんな頻度で点検するの?
  • 自分たちでできる点検と、業者さんに任せる点検の違いは?

射出成形工場では、なんで点検が必要なの?

点検の大きな目的は、しっかりと生産を管理するためです。

設備・装置の状態が正常か、壊れていないかを点検することが、安定した生産に繋がります。

  • 設備や装置部品の劣化
  • 水質の悪化
  • グリースの循環不足 など

様々な要因により生産能力が低下したり、ばらついたりします。

 

射出成形工場において、下記の3種類の点検が特に重要です。

始業前点検(生産開始前)

日常点検(毎日、毎勤務)

定期点検(四半期、半年、1年)

 

射出成形工場の点検 種類と内容

射出成形工場の設備(射出成形機、金型、取り出し機、金型温調機、乾燥機、ローダーなど)について、点検内容を解説していきます。

 

1.始業前点検(生産開始前)

生産開始前に、スタートできるかを点検します。

目視による点検が基本です。

 

【点検項目】

  • 射出成形機・取り出し機
    ・準備モードで射出台の前後進、型開閉動作、パージ作業をし、不具合、異音、異臭の確認。
    ・成形条件が間違っていないか。
  • 金型・金型温調機
    ・金型温度が設定温度になっているか。
    ・すべてのコックが開いているか。
    ・水漏れや油漏れがないか。
  • 取出し機
    ・エアー漏れがないか。チャック開閉動作は問題ないか。吸着圧は立つか。油のしたたりがないか。
    ・取り出し条件に間違いはないか。(低速動作で1サイクルを手動確認)
  • 乾燥機・ローダー
    ・設定温度で制御されているか。
    ・ローダーが、ONになっているか。

【点検ポイント】

・成形条件、取り出し条件メモリの呼び間違えは、金型破損に繋がります。

・ローダーのスイッチ入れ忘れや、金型温調機のコック開け忘れなど、スタート時によくあるトラブルです。

・作業開始前点検表があればその点検項目を☑して漏れのないことを確認します。ない場合は、最後に一回りして、忘れていないかWチェックがポイントです。

・焦らずにしっかりと確認しましょう。

2.日常点検(毎日、毎勤務)

生産中に設備・装置が適正に稼働しているか点検します。

目視による点検が基本です。機械・装置の日常点検表の点検項目を基に点検します。

 

【点検項目】

  • 射出成形機・取り出し機
    ・異音、異臭、グリスタンクの残量、射出台やトグル、タイバーのグリスの潤滑状態。
    ・油圧機は、作動油量と温度。
    ・性能低下により1サイクルが遅れていないか。
  • 金型
    ・水漏れ、油漏れ、異音、異臭。
    ・スライドやネジ抜き装置の動作確認。
  • 金型温調機・ドライヤー・ローダーなど
    ・稼働しているか。異音異臭がないか。
    ・水、油、原料の漏れがないか。

【点検ポイント】

・日常点検表の点検項目に則って点検していきましょう。

・稼働しているからOKではなく、計器を確認して、適正数値の範囲内で稼働しているかがポイントです。

・毎日のことになるので、「大丈夫だろう。」と大雑把になりがちです。

・また、点検表に☑を書き込むだけになってしまっては、何の意味もありません。

・日常点検は、大きなトラブルを未然に防ぐための保険のようなものです。日々の積み重ねが大事になります。


 

3.定期点検(4半期、半年、一年)

停止している状態の機械が正常か確認していきます。

機械のVベルトの張力や、オイルの潤滑状況など、機械が停止している時に、機械の状態が健全か確認するために点検します。定期点検表の点検項目を基に点検します。

必要に応じて専門業者の校正や、張力テスターなどの点検器具を用いて点検・診断します。

 

【点検項目】

  • 射出成形機
    ・各軸Vベルトの張力、加熱筒ヒーターセンサーの校正、ヒーターマグネットリレーの接点の点検。
    ・制御盤や各モーターの冷却ファン、条件メモリのバッテリー
    ・スクリューの摩耗確認(適宜)
  • 金型
    ・オーバーホール(ばらして清掃、点検、消耗部品の交換)
  • 金型温調機、ドライヤー、ローダー
    ・マグネットリレーの接点の点検。フィルターの清掃。

【点検ポイント】

・定期点検表の点検項目を基に、抜け漏れの内容に点検していきます。

・定期点検は、自分たちだけではできない点検が多いため、しっかりと計画を立てることが重要です。

・自分たちでできるもの、他部署に依頼するもの、外部機関に依頼するものをきちんと分けて、実施していきます。

・特にヒーターのマグネットリレーは、異常が出る前に定期で交換がおすすめです。量産稼働中にヒータートラブルで停止しては、稼働率、歩留まり率、不良率に大きく影響します。

おすすめコンテンツ

技能検定参考書のご紹介

-射出成形の知識

Copyright© Plastic Fan , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.