成形不良

成形不良 色ムラ 原因と対策

631

色ムラとは

射出成形加工における色ムラとは混錬不足などの理由で、製品の色にムラがある状態です。

外観が悪いことが不良理由です。

色ムラのメカニズム

マスターバッチや、ドライカラーといった着色剤を使用するとき、加熱筒内での計量条件や、配合比率粉砕材の比率などにより混錬不足が起こります。うまく混ぜられていない樹脂を充填すると製品に濃淡、マーブル模様の色ムラが発生します。

色ムラが発生しやすい場所

加熱筒内の溶融不足に起因するので、発生場所は特定しません

色ムラの原因と対策

色ムラの主な原因は下記の通りです。

  • 加熱筒内における計量条件設定が、適当でない
  • マスターバッチ、ドライカラーの配合比率が不足
  • 粉砕材の配合比率が高い

色ムラの原因と対策の続きはこちらから>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-成形不良

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.