射出成形の知識

射出成形では稼げない?企業・人材の視点から事実と対策を解説!

1,713

こんな方におすすめ

  • 射出成形って稼げるの?
  • 射出成形業界のこの先はどうなるんだろう?
  • どうすれば稼げるのか知りたい。

射出成形に興味を持たれた方の中でもしかすると「射出形成分野の仕事は稼げないのでは?」という疑問があるのではないでしょうか。
プラスチックの成形技術として射出成形は有名ですが、一般の方からするとあまり聞きなじみのない言葉でもあるので、将来性に疑問を持ったり不安になる人もいるかもしれません。
この記事では企業・人材の両方の視点から射出成形で今後、稼げる可能性があるかを解説します。

プラ太郎
射出成形業界の今と今後の稼ぎ方を深掘っていきます🔥

 

1.射出成形で稼げないと言われる理由

企業も個人でも射出成形を仕事にしても稼げないという意見もちらほら聞きます。
でもプラスチック製品が世の中でたくさん使われているのに、なぜ射出成形で稼げないのでしょうか?
そういわれている理由を具体的に見ていきましょう。

 

原油価格が高騰しているから

企業が射出成形で稼げない理由としてまず挙げられるのが、原油価格が高騰しているからです。
現状として射出成形のプラスチック製品に使用されている原料の大半は石油に由来しています。
化石燃料の石油は限りある資源なので、掘り尽くされてしまったらもう仕事にならないと考えるのはもっともなことでしょう。
原油価格が上がると射出成形で製造した製品の価格も上げざるを得なくなり、売れなくなるリスクがあるのも確かです。

 

SDGsへの取り組みが必要だから

SDGsへの取り組みが求められるようになり、射出成形をビジネスとしていくのが難しい状況が生まれているのも事実です。
SDGsとは持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)で、世界全体での取り組みが進められています。
地球環境を維持しながら開発を進めていくための指針が立てられていて、限りある資源の原油の代替品の利用を推進したり、プラスチック製品による環境汚染を防ぐ努力が求められたりしています。
SDGsへの貢献のためにプラスチック製品を木製品や紙製品に置き換える取り組みも進められていて、今後のニーズがなくなるのではないかというのが懸念点です。

 

プラスチック成形の仕事は平均年収が高くないから

射出成形を仕事にする人にとっては、平均年収が高くないから稼げないという理由もよく挙げられています。
求人ボックスの給料ナビによると、プラスチック成形の仕事の平均年収は2023年2月の時点で349万円でした。
これは日本の平均年収に比べると低めなので、射出成形は稼げない仕事だと考えられています。

 

2.【事実】射出成形で稼げる可能性は高い

射出成形は稼げないと言われていますが、そんなことはなく実際には稼げる可能性が高い仕事だと考えています。企業も個人も稼げるチャンスがあるので、ここにその理由を提示しておきます。

 

射出成形機の市場は、拡大する予測が立てられている

射出成形で稼げる可能性が高いといえるのは、射出成形機は今後も市場が伸びると予測されているからです。
Global Information, Inc.は射出成形機の市場規模は2021年から2028年にかけて年平均成長率4.5%で成長すると予測しています。(詳細リンクPRタイムズ社
Report Oceanも2021年から2030年にかけて年平均成長率4%以上での成長を予想しています。(詳細リンクPRタイムズ社

発展途上国を中心として自動車やパッケージングなどの分野への投資が進んでいて、医療や建築用途のプラスチックも増えています。軽量なプラスチック製品を量産可能な射出成形機は不可欠なものとして需要が伸びていくと予想されているのが現状なのです。

世界はプラスチックでできています。今後も市場は拡大していきます。

 

金属価格の高騰による、プラスチックの需要が高まっている

原油価格も上昇していますが、プラスチックと同様にさまざまな製品の素材として用いられている金属価格も高騰しています。
アルミニウムなどの軽量な金属価格が上がり、プラスチックの必要性は高まる一方になっています。
原油価格が上がっても相対的に安く、成形もしやすいプラスチックの魅力は大きいままです。
むしろプラスチックの需要が高まっているので、射出成形を仕事にすれば稼げる可能性が十分にあります。

プラスチックに変わる素材はない!

プラスチック素材もど素晴らしい素材はありません。プラスチックの代替材は、環境に配慮したプラスチックです。
今、環境に配慮しながら高強度なプラスチック素材が、どんどん開発されています。どの業界においても、プラスチックはなくてはならない素材です。

 

SDGsでは持続可能な開発を求めている

SDGsの取り組みとしてプラスチックを他の素材に置き換える取り組みがあるのは確かですが、SDGsはプラスチックの利用を制限・禁止しているわけではありません。
サステナビリティの視点で原油由来のプラスチックは他の素材に置き換えるのが良いという視点で取り組みが進められています。
ただ、SDGsは持続可能な開発を求めているだけで、プラスチックの活用によってより良い社会を維持できるのであれば特に反することはありません。
バイオプラスチックや生分解性プラスチックなども開発されてきているため、今後のプラスチック市場も特に衰えるとは考えにくいでしょう。

プラ太郎
地球にやさしいものづくりが求められています。プラスチック素材が悪いわけではありません。

 

儲かっている会社も多い

今後、プラスチックは絶対になくなりません。環境に配慮した素材に置き換わっていくだけです。
伸びている業界のプラ製造をすることで、大きく業績を伸ばしている企業が多く存在しています。
半導体事業、医療分野、海外拠点で生産など、企業の利益が上がれば、その企業で働く従業員の年収も上がっていく傾向があります。
関東一円のプラスチック工場と取引をしていますが、30代で平均年収の2倍からもらっている人も多いです。

 

3.射出成形で稼げるようになるために

射出成形の現状と将来展望を踏まえて、より安定的に稼げるようにするには何をしたら良いのでしょうか。ここでは企業側と・人材側が取り組むべきことを解説します。

 

【企業】稼げる企業になるには...
生分解性プラスチックの射出成形と効率化の取り組み

市場の進む方向を敏感に先読みし、プラ業界の需要に乗ることが重要です。
プラスチック業界は、今がまさに変換点です。今だからできる施策を講じて時代についていきましょう。

□生分解性樹脂やバイオマス原料 環境配慮の取り組み

企業では生分解性プラスチックの射出成形に取り組むことで、時代のニーズに合う技術を生かした事業を展開できます。ポリ乳酸などの既存の生分解性プラスチックだけでなく、新製品の成形技術を開発すればシェアを安定して確保できるでしょう。

今はまだ大きな市場ではありませんが、今後伸びていく大きな流れです。積極的に技術協力をし、自社の存在感を示すうえで環境配慮の取り組みは始めましょう。

 

□自働化・効率化 デジタル化の取り組み

費用対効果の高い射出成型機や一元管理ソフトを導入し、生産効率化も進めることで稼げる企業になる可能性をさらに切り開けます。
射出成形×IT技術は、昔から叫ばれていますがなかなか導入が進みません。
その背景には、「まだIT技術を導入しなくても稼げる」からです。
今後は、自働化・効率化した生産活動でなくては、ものづくりができない時代になります。

デジタル化の導入で悩むのではなく、その一歩先、IT技術をどう活かすかを考えていきましょう。

 

【人材】稼げる人材になるには...
射出成形 × ○○ スキルを掛け合わせる

射出成形を仕事にする人は、企業が稼げる事業を整えていくことができれば、おのずと稼ぐことができるはずです。ただ、年収を上げるためには人材価値を高めるのが大切です。射出成形機を操作できるだけではなかなか年収が上がりません。自動化が進められると稼げない状況に陥るリスクがあります。

□射出成形×技能士

射出成形に関連するスキルを習得したり、プラスチック成形技能士の資格を取得したりするのがおすすめです。
知識と技術の証が技能士です。プラスチック成形のスキルを体系的に身に着け稼げる人材になりましょう。

プラ業界の金看板です。
一目置かれる花形資格。ぜひチャレンジしていこう。

 

□射出成形 × 金型・樹脂

金型の設計や、製品に応じた樹脂の選定などもできると、貴重な人材として重宝されるようになります。
射出成形は「金型が9割」と呼ばれています。金型スキルは射出成形の利益に直結です。
また、樹脂の選定に詳しくなることで、商品開発やサステナブルな取り組みを推進できる人材になります。
時代が変わっても技術の基礎は変わりません。
積極的にスキルの習得をしていきましょう。

金型設計・製作のスキルを身に着けることで、射出成形トラブル解決の引き出しがたくさん増えるよ。
生分解性樹脂やバイオマス原料の知識は、サステナブルな活動に役立つね。

 

□射出成形 × 語学

今後、発展途上国のプラスチック需要は大きくなっていきます。しかもその加速度は爆速だと言われています。
先進国の最新技術が投資されるからです。
翻訳や同時通訳ソフトが開発されていますが、現地の言葉を流ちょうに使えれば、大きなメリットになります。
今後、活躍の場は世界です。
異国で稼ぐこともあると考えて、スキルアップしていきましょう。

プラ太郎
なんといっても英語は便利です。どの国にいっても英語は共通言語。
日常会話を身に着けるだけで、大きなメリットです。

 

□射出成形 × デジタル化

昨今、人手不足、管理費の高騰が課題になっています。ものづくり業界に、デジタル技術を導入することで大きく効率UPや利益に貢献します。
射出成形のプロかつ、工場デジタル化のスキルを持つことで、どの企業からも必要とされる人材になります。

浅く広く学ぼう

デジタル技術の習得は、時間がかかります。
射出成形のプロフェッショナルが本業ですので、まずは、IT技術の基礎がわかっているだけでも十分です。
IT技術メーカーと自社工場の橋渡しができるだけで重宝されます。

 

4.まとめ

射出成形は稼げないと言われていますが、将来展望は明るいので前向きになりましょう。
企業は原油の価格高騰や枯渇問題にSDGsの取り組みを念頭に置いて、生分解性プラスチックなどの環境に配慮したものづくりや、デジタル技術を導入した効率化をおこなえるように開発を進めるのが大切です。
射出成形で働く人は射出成形だけでなく周辺スキルも身につけて人材価値を高めましょう
企業・人材の両方の取り組みによって射出成形の将来はさらに明るくなります。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-射出成形の知識

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.