展示会レポート

2022 第13回 高機能素材Week (プラスチックジャパン) レポート 📍幕張メッセ 12/7-9

145

プラスチックファンは、射出成形の知識・技術を発信している情報サイトです。

今回は、2022年 12月7~9日に開催された

第13回高機能素材Week に、報道として初めて参加致しました。

 

各ブースにて、お話を聞かせていただきありがとうございました

 

射出成形大好きプラ太郎が、主にプラスチック成形に関連するプロダクツ、サービスを取材してきました。

ものづくりに従事する皆さんに有益な情報になれば嬉しいです。

 

第13回 高機能素材Weekレポート

高機能素材Weekは、様々な業界の素材や、研究開発を集めた展示会です。

  • フィルム
  • プラスチック
  • メタル
  • セラミック
  • 溶着、接着
  • サステナブル

同フロアで

  • Photonix(光、レーザー展)
  • ファインテックジャパン(電子ディスプレイ)

も同時開催されていました。

 

総勢910社。

幕張メッセの、ホール2~8を会場で開催された国内最大規模の素材展です。

 

1.高機能素材Weekの人出

12月7~9日の3日間の来訪者数は、44,212名

昨年比 108% 盛況でした。

詳細は、下記の通りです。

ちなみに先月2022年11月開催のジムトフは、下記の通りです。

工作機械の展示会と比較するのはナンセンスですが、ジムトフの盛り上がり同様に人出はありました

高機能素材Weekは、ブースが細かく分かれていたので、より人が込み合っている印象を受けました。

 

 

2.SNSの連携

ほんの数社のみというところです。

#高機能素材Weekは、ほとんどTweet、Instagramではありませんでした。

コンパニオンのお姉さんの方が活発でした。

質問「SNSは導入しようと思っていますか?」

各社のブースにて、SNS運用をどう考えているかヒアリングしてきました。

回答ランキング

1位 SNS発信したいけど、何から何を?

 

2位 アカウントはあるけど、運用してません。

 

3位 うちはそういうのは考えてません。

 

各社共に、いつかは必要と感じているようですが、実際の導入となるとまだまだのようです。

 

SNS活発ではなかった

まず前提として、展示会に出展するだけでとてもすごいことだと思います。

今後自社の営業力を高めたり、新たなお客様の獲得につながったりと毎向きな取り組みです。

 

しかし、「展示会を開きます。皆見に来てください!」だけではもったいない。

出展して満足でなく。

出展は、PR活動の手段の1つです。

自社のアピールや新規顧客へのリーチを最大化が目的だと思います。

 

今回は、リアル展示で完結していたように感じます。

 

SNSを上手く使えなかった印象です。

今回の展示会リーチMaxで来場者4.4万人

(展示会の情報を会社に持ち帰ると社内に広まるは除きます。)

 

SNSをうまく活用すれば、圧倒的により多くの見込み客にリーチできます。

各社が半年・1カ月前から準備して、

SNSで相互フォローし、いいね、リツイートしあうことで、大きなレバレッジが効きます。

出展企業が連携を深めることで、より活性化し、複利的な渦を巻き起こせます。

 

その絶好の機会を、あっけなく手放してしまいました

 

ジムトフのSNS活用は、企業アカウントとインフルエンサーの繋がりから大きなムーブメントが起こりました。

ジムトフは積極的にインフルエンサーを起用した広報活動をされてました。

出展企業はしっかりとSNSの価値に投資していたように感じます。

 

インフルエンサー、情報発信者の役割は、

【企業の良さをうまくかみ砕きユーザー、メディアに解説する】ことです。

潤滑剤のポジションの有無でこんなにもイベントが変わるのかと、実感しました。

 

盛り上がりのポイントは、インフルエンサーが起こした火と、周りの企業が一緒に盛り上げることです。

関係各社がつながり、全員がリーダーになることで、情報は四方八方に拡散していきます。

全ての出展企業さんの熱量が合わさって、お祭りの熱まで昇華できたら最高ですね

来年の高機能素材Weekがどうなるか楽しみです。

プラ太郎
SNSの啓蒙活動を兼ねて取材しました。SNS・インターネットで発信するの良いかもと思ってもらえたら嬉しいです。私ももっと情報発信力を付けて、プラスチック業界を活性化できるように頑張ります。

 

3.プラスチック関連の出展企業様紹介

今回、報道として取材させていただきました企業様、貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。

順不同で、各社の取り組みをご紹介していきます。

一覧まとめて見たい方は、下記インスタからどうぞ

Instagram プラ太郎

 

エプソンテックフォルム

エプソンテックフォルム公式ウェブサイト

超小型成形機 AE-M3

2022年のグッドデザイン賞 大賞を受賞商品です。

インラインスクリューが一般的な射出成形機ですが、この成形機は渦巻き状の加熱筒が特徴です。

はじまりは、新興セルビック社が開発し(2005年のものづくり大賞経済大臣賞)、エプソンに収めていた機械を、エプソンが吸収したとのこと。

新興セルビック社 当時の開発秘話のリンク

 

小さい部品を省スペースで作るのは、大きなメリットです。

  • 段取り換えの工数削減
  • 廃棄原料ロス削減
  • 製品の保証期間中、金型の保管場所は馬鹿になりません。

 

プラ太郎
昨今、大量消費ばかりではありません。実際の成形工場では、少ロット生産は増えています。段取り換えが簡単で、少量を成形できる成形機は大きなメリットですね。

 

センチュリーイノヴェーション株式会社

センチュリーイノヴェーション公式ウェブサイト

卓上射出成形機 Mold Lock

レンコン状の加熱筒が、樹脂を完全溶融する。

完全溶融された樹脂は、低速低圧で充填された樹脂は、ヒケることなく冷却される。

ポイントは、完全溶融+低圧成形

  • ダイレクトゲートで充填された樹脂は、ゲートシールすることなく保圧をかけ続けられる
  • 溶融時に発生するガスは、全て放出されて、充填時にはウェルドやガス跡がない
  • 低圧充填なので、金型はプラスチック製で1,000ショット成形可能
  • 実際にPEEKで成形したというボルトは、ヒケがない。
  • レンズの色も変色せずきれいに成形できる

注文は好調で、生産が追い付かないとのことです。

 

プラ太郎
今までの原理原則がひっくり返ったよ。肉厚成形品がひけないんだよ。概念が一変するプロダクトです。ぜひみんなに見てほしいよ。

 

Sotas

Sotas公式ウェブサイト

Sotas

カンバン方式の生産管理システム。

直感的に操作できるので、わかりやすく判断しやすい。

仕入れ➡製造➡在庫管理を、一元管理できるのがポイントです。

  • 管理業務の集中化
  • 部署間の連携UP
  • 重複業務や、生産計画、在庫のムダ取り

・さらに、生産した商品に、毒劇物、chemSHERPA、REACH、RoHSなど各法規のタグ付けが可能

・インボイス制度、電子帳簿保存法など最新の法改正にも対応済み

​・CO2削減の客先要求に、実際の排出量を見える化できるシステムも提供開始

Sotas DB(データベース)は、ユーザーデータを登録し、新たな顧客獲得につながるサービスです。 導入機械・装置、成形品の業種などから、商社経由でメーカーとマッチングが可能になります。

 

プラ太郎
創業者の吉元さんが、化学メーカー、自動車、ソフトウェア開発のキャリアからスタートした事業。業界をわかっている人が手掛けるソフトは、痒いところに手が届くサービスだね。

 

NAKAYO

NAKAYO公式ウェブサイト

ものづくりNYCサポート

電話機、無線システム事業から、自社の生産システムをくみ上げた実績。

  • 1台の成形機から導入可能
  • どの成形機からもデータを変換できるソフト
  • 稼働状況の見える化
  • クッション値やピーク圧など数値のモニタリング
  • 各成形機を無線接続
  • 自社工場がモデル工場(視察可能)

 

プラ太郎
自社で欲しいソフトを開発するがスタートなので、使い勝手はもちろん、ほしい機能を追加できることがポイント。製造の見える化は、ムダ取りの1ステップですね。現状把握をIOTでデータ化できる。成形機を選ばず、1台から導入できるのが素晴らしい。

 

ケンモールドサービス

ケンモールドサービス公式ウェブサイト

エコベント フラット

金型内に埋め込み、ガス逃げを改善する入れ子。フリップ可動式の駒が、樹脂の充填に合わせて倒れ込む。

  • PLのガスベントでは不十分な金型
  • 製品面の入れ子線が許容できる成形品には最適
  • シンプルな仕組みに、技術が詰まったアイデアグッズ

 

プラ太郎
射出成形は、ガス逃げがポイントです。うまくガス逃げをコントロールできるとバラツキが少なくなり、不良改善に大きなメリットですね。

 

ユニテックジャパン

ユニテックジャパン公式ウェブサイト

Sablux

低圧ブラスト機。低圧でビーズを安定して吹き付けられる技術です。

  • 初心者でも比較的簡単に作業できる
  • 金型の仕上げレス
  • 爪の引っ掛かりがないほど薄くブラストできる

 

プラ太郎
金型の仕上げ加工を標準化できるのは、大きなメリットですね。

 

商研

商研公式ウェブサイト

ドラゴンシュレッド

パージ団子を破砕できる。

  • 油圧プッシャー付きで効率よく破砕
  • 回転刃はR刃のため、切断よし
  • スクリーンの穴径は選べる
プラ太郎
昨今、原料高騰、パージ団子の売却・引き取りも厳しくなってきています。自社でリサイクルできれば、環境、売り上げにも大きなメリットです。

 

東洋化学商会

東洋化学商会公式ウェブサイト

CUPPA

ありそうでなかったアイデアグッズ。

ワンプッシュで、ウエスにパーツクリーナーを吹き付けられる。

 

プラ太郎
便利グッズで、工数削減できますね。こんな便利グッズに出会えるのも展示会の醍醐味です。

零AQUA

消防法の保管申請が不要。

プラ太郎
洗浄力が低く、速乾性はないものの、その用途によっては最適ですね。

セラコートG

押し出し成形のノズルに絶大な効果が出ているセラコートG。

吹きかけ式の、コーティング剤です。

プラ太郎
こういったケミカルをうまく使用して、工数削減・時短改善を積み重ねていきたいですね。

 

GOOSTECH

GOOSTECH公式ウェブサイト

高機能手袋

アラミド繊維を織り込むと、溶けなくなり耐熱強化。

ステンレスを織り込むと、切創強化。

アラミド+炭素繊維で、対火強化。

 

ニーズに合わせて、特注で手袋を作成も可能です。

 

プラ太郎
どの企業も少人数で業務をこなしていることと思います。替えがきかないポジションだからこそ道具は良いものを使用して安全作業を進めたいですね。

 

富士合成

富士合成公式ウェブサイト

エコラボ

リサイクル原料の物性データを研究されています。

お客様のニーズに合わせた原料選定、コストダウンを実現。

 

プラ太郎
時代をよんでいる素晴らしい提案力です。この着眼点が、お客様から選ばれるポイントですね。お客様のニーズを実現する力を陰で磨く。この積み重ねが信頼を築きますね。

 

日本ポリマー

日本ポリマー産業

nps carbon pro

チップドカーボン生産事業から、プロダクト開発。

リサイクルカーボンを商品化。

 

プラ太郎
既存事業の延長線上に環境配慮型のプロダクトを開発している企業さんです。この仕組み作りが素晴らしい。廃棄するのではなく余すことなくリサイクル。

 

GEO NATION

GEO NATION公式ウェブサイト

TRI技術

ナノレベルの酸化有機被膜を形成し、樹脂をインサート成形。

ただ樹脂を充填するだけでなく、溶剤を入れて化学反応で樹脂を溶かしながら、溶着をさらに強化しているとのこと。

中国、韓国のスマホメーカーのほとんどを施工している技術。

  • 高強度
  • 高気密・防水
  • 耐久度
プラ太郎
最新スマホに導入されている防水機能を支えるコア技術。対応する金属の種類はどんどん増えてきたとのことです。技術を積み上げてお客さんのニーズに応え、事業拡大は理想ですね。

 

共和工業

共和工業公式ウェブサイト

サンドイッチ成形

プラ太郎
リサイクル材をうまくプロダクト化。こういった商品があると環境にも利益にもいいよね。

IMC(インモールドコーティング)

プラ太郎
塗装ブースを設備しなくても、ウレタンコートができる技術。射出成形×二次加工の複合機は、工数削減・省スペースになりますね。

 

RP東プラ

RP東プラ公式ウェブサイト

ガスアシスト成形

プラ太郎
初めて知りました。ガスアシストで球を通す成形法。スライドでは作れない形状や、金型の小型化、簡素化など大きなメリットがありますね。

 

三井化学

三井化学公式ウェブサイト

非接触/空中ディスプレイ

空中に浮いたタッチパネル。非接触なのに、反応する。

不思議なテクノロジーです。

プラ太郎
ディスプレーは投影されているだけなので、部品点数が少なくなりますね。すごい技術です。

 

アイエムマテリアル

アイエムマテリアル公式ウェブサイト

低温粉砕

プラ太郎
ガス会社と原料商社の合弁企業とのこと、液体窒素の取り扱いの知見と、原料物性の知見のいいとこ取りですね。

 

4.サステナブルな取り組み

バイオマス、生分解性樹脂など環境に配慮した素材の展示の中から、目を引くプロダクトをピックアップしました。

バイオマスレジンホールディングス

バイオマスレジンホールディングス

ライスレジン

お米由来の樹脂。

  • お米が70%配合された樹脂
  • 成形性良し
  • PP、PEに任意で配合して使用

 

プラ太郎
限りある環境を守っていくために、用途に応じて、使い分けが今後のテーマですね。

 

WEST ONE

WESTONE公式ウェブサイト

lyfecycle(ライフサイクル)

2%含有することで、生分解性プラに改質するバッチ添加剤。

  • マイクロプラスチックを残さずbン回
  • 想定使用期間18~24カ月で風化・分解スタート
  • 最終的に、水と二酸化炭素に分解
  • PP、PEに有効
  • シングルユースのビニル袋や緩衝材に実績

 

プラ太郎
1回しか使用しない成形品は、自然分解される配慮が地球に優しいね。

 

BOOK OFF

BOOK OFF公式ウェブサイト

CDプラ

年間で回収したCD・DVDは、2,400万枚。プラを捨てることなくリサイクルする事業。

 

プラ太郎
捨てるものを再利用は、地球環境に配慮した素晴らしい取り組みですね。

 

5.SNSの繋がり

会場で、以前から交流のあったヒシヌママシナリーのシンスケさんとお会いできました。

ダイカスト業界、射出成形業界で業種は違えど、ものづくりの課題は一緒です。

業界を超えた繋がりは、よい刺激をいただけます。

コロナも収束に向かい、2023年は、オフ会や展示会を通して、リアルにお会いする機会が増えていけばいいですね。

 

6.プラスチックファンの報道活動

今回、報道として高機能素材Weekに参加させていただきました。

 

報道活動の目的は、プラスチック業界のさらなる発展です。

 

プラスチックファンにお越しの方は、下記の方たちです。

  • 100%射出成形業界
  • 20~50代の男性
  • 技能士を目指している新人・中堅
  • 条件出し業務の技術者

射出成形に携わる皆の現場の悩み困りごとを解決できたら幸いです。

 

2017年から情報発信を始め、

  • 企業様からPR
  • 研究開発
  • ウェブマーケティングのコンサルなど

いろいろな形で企業価値の最大化をサポートさせていただくまでになりました。

 

2023年のIPF(国際プラスチックフェア)で、さらに発信力を強めていきます。

 

成形機メーカー、周辺機器の装置メーカーさんのPRさせていただきます。

また、ウェブサイトやSNSの運用でお困り企業様、営業担当者様向けにコンサルもしております。

お気軽にDMください。

 

プラ太郎

Mail: platarou@plastic-fan.com
Website: https://plastic-fan.com/
Twitter: https://twitter.com/PlasticFan2017
Instagram: https://www.instagram.com/platarou

 

 

おすすめコンテンツ

技能検定参考書のご紹介

-展示会レポート

Copyright© Plastic Fan , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.