ミスミさん案件

商品レビュー ミスミ オイルスティック

ミスミさんとのお仕事第1段ということで、

ミスミさんの商品レビューになります

 

射出成形工場、プラスチック成形、金属加工業などで使用いただける

お役立ちグッツです。

 

動画は、Youtubeを使用し、アップしてあります。

 

オイルスティック

 

商品説明

【商品外観】

埋設型固形潤滑剤オイルスティック
・自社の部品をDIY感覚で簡単に無給油部品にできる。
・自社で制作するスライドプレート部品の無給油化に最適です。
・FDA,NSF−H1認証素材を使用することで、食品関連機器にも使用可能(RWタイプ)

【加工方法 と 注意ポイント】
オイルスティックは、カッターで簡単に切ることができます。オイルスティック自体で荷重を支えることはできません
埋没穴は、ドリルやスクエアエンドミルなどで加工してください。穴の深さは3〜5mmです。
埋没したオイルスティックが使用時に取れてしまう心配を解消するには、瞬間接着剤を使用して固定してください。
埋没穴に対し、オイルスティックの寸法が足りないと、埋没し摺動面に未達となります。
少し長めにカットし、指またはプラハンで圧入後、摺動面の仕上げカットをします。

【商品URL】
ミスミさん商品掲載ページ オイルスティック

 

商品レビュー

金型スライド入子を模した鉄板に、オイルスティックを取り付けました。
今回使用したのは8mmオイルスティック。外径は実測で8.2mm程度です。
①8mmの埋没穴を開け
②面取り
③圧入
④仕上げカット

現場作業者レベルの知識技術で施工できました。

⚠オイルスティックを圧入する際、摺動面に対して水平に入れること☝️
斜めに入れると、オイルスティックが片削れしてしまいます。

⚠オイルスティックの仕上げカットは、カッターを強く押し当て過ぎると、摺動面よりマイナス方向にエグレてしまいます。

オイルスティック メリット

  1. 自社の金型スライドを簡単に無給油化できる
  2. 既存の金型スライドに施工できるので安価
  3. DIY感覚の簡単施工は、工期が短縮できる
プラ太郎
自社スライドを作り変えることなく、DIY感覚で無給油化できる。品質(Q)、費用(C)、工期(D) 全てにプラスの画期的なアイデアだね

 

実際のレビュー動画はこちら

 

おすすめコンテンツ

おすすめ記事

技能検定参考書のご紹介

-ミスミさん案件

Copyright© プラスチックファン・Plastic Fan , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.