射出成形の仕事

【新人向け】金型吊り バランスとるには? 射出成形

本日は新人さん向けに、

簡単な金型バランス取りを紹介します。

 

射出成形で金型を取り付けるときは、クレーンホイスト、チェーンブロックで吊り上げます。

固定盤のロケート穴に合わせて吊り込みます。

金型は水平か、キャビ側が少しあがっていると乗せやすいです。

下図、黄色〇の様に、ロケートリングが固定盤にかかることで簡単に取り付けられます。

逆にキャビ側が下がっていると固定盤ロケート穴にかけられません。

極端に絵を描くと下の様 ↓↓↓

極端すぎますが、キャビ側が下がっては取り付けしにくい。

そんな時は、ワイヤーや、ベルトを使用してバランスをとりましょう。

結論から↓↓↓

ベルトを図の様に通して金型を吊ることで、バランスをとることができます。

 

ワイヤー、ベルトの耐久重量には注意です。

 

最初は、こんがらかってしまいますが、調整しながら吊り上げてみましょう。

おすすめ記事

技能検定参考書のご紹介

おすすめコンテンツ

-射出成形の仕事

Copyright© Plastic Fan , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.