スポンサーリンク



【図解で解説】金型構造 射出成形 実技試験 技能検定

本日の記事は、技能検定 射出成形 実技試験の金型構造です。

技能検定の金型構造は簡単です。

可動側の動きを詳しく図解にまとめました。

試験前にしっかりと理解しておきましょう。

1.射出成形作業 金型構造

金型構造は、各地域で共通。

製造元は、各地域によって異なります。

2枚プレートのダイレクトゲート。

桝型の成形品です。

製品の突出しは、エジェクターピン2本とストリッパープレートです。

(ⅰ)金型構造の各名称

まずは、金型の各部品の名称を押さえましょう。

基本中の基本です。

射出成形の仕事をする上で、知っておくべき内容ですので、この機会にぜひ覚えましょう。

(ⅱ)金型の動き

名称を知ってもこの金型がどの様に動くかがわかりずらいと思います。

金型が型開きした時、エジェクターした時などを図解しています。

①金型構造 型開時

金型を型開した時は、下の図の通りです。

②金型構造 エジェクター突出し時

エジェクターを突出した状態は下記の通りです。

黄色の部分がエジェクター時に突出される量です。

エジェクターロッド、ストリッパープレート、エジェクターピンが同じ量動きます。

③金型構造 製品を突出した状態

製品がないとわかりづらいので製品を突出した状態の図です。

エジェクターロッド、ストリッパープレート、エジェクターピンに連動して製品が突出されます。

技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

【注意】技能検定過去問題集・解説書は、数年毎に改訂されます。本記事の執筆は平成31年3月現在の最新情報になります。ご注意ください。…