スポンサーリンク



射出成形 1級 学科試験 「製図」

1級 第7分類 「製図」 試験科目及びその範囲

1科目のみになります。

日本工業規格に定める図示法及び材料記号

<細目>

1.部品図により部品の立体的形状の推測について一般的な知識を有すること。

2.次に掲げる日本工業規格に定める図示法について概略の知識を有すること。

(1)製図通則

(2)機械製図

(3)電気用図記号

(4)油圧表示記号

3.日本工業規格に定める材料記号について概略の知識を有すること。

例1)

日本工業規格(JIS)において、幾何公差の特性とその記号の組合せとして、誤っているものはどれか。

↑「ロ」

「平面度」の記号は、平行四辺形の形です。

例2)

日本工業規格(JIS)の製図における寸法記入方法で、角度を示すものとして、正しいものはどれか。

↑「ニ」

パッと見では違いがわかりませんが、示したい角度を延長して弧の矢印で示します。

例3)

日本工業規格(JIS)のはめあい方式において、穴寸法及び軸寸法が下記の場合、最大しめしろとして、正しいものはどれか。

穴寸法

軸寸法

イ 0.001

ロ 0.017

ハ 0.026

ニ 0.042

↑「ニ」

はめあいとは「軸と穴の組み合わせ」です。

軸と穴のはめあい度合いを示したものを はめ合い公差と呼びます。

軸と穴の関係には「しめしろ」と「すきま」という言葉が出てきます。

しめしろ: 軸>穴 のとき、両方の直径の差をしめしろと呼びます。

すきま : 軸<穴 のとき、両方の直径の差をすきまと呼びます。

最大しめしろは、穴の最小と軸の最大の差ですので、

穴50.0、軸50.042の差「0.042」となります。

【学科試験】過去問題集はこちら

【楽天ブックス】


プラスチック成形技能検定公開試験問題の解説第22版 射出成形1・2級 [ 全日本プラスチック製品工業連合会 ]

【amazon】


プラスチック成形技能検定 公開試験問題の解説 射出成形1・2級―平成25・26・27・28年度出題全問題とその解答および解説

技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

【注意】技能検定過去問題集・解説書は、数年毎に改訂されます。本記事の執筆は平成31年3月現在の最新情報になります。ご注意ください。…