ウェブマーケティング

射出成形工場向け コンテンツ戦略と導線作りの重要性

54

ターゲットオーディエンスを把握する

射出成形工場が自社サービスへの導線作りを意識したコンテンツ作りを行うためには、まずターゲットオーディエンスを把握することが重要です。ターゲットオーディエンスとは、工場のサービスに関心を持つであろう顧客や業界の特定のグループを指します。彼らのニーズや課題を理解し、それに応じたコンテンツを提供することで、導線作りを効果的に行うことができます。

ターゲットの絞り方

ターゲットは広すぎても狭すぎてもいけません。

アピールしたい自社サービスを【塗装加工】だとしましょう。この場合のターゲットオーディエンスは、誰でどんなコンテンツが刺さるでしょうか?
家電業界の塗装不良で悩んでいるメーカー担当者さんをターゲットにした、塗装の種類や塗装の相性、環境の整え方などを紹介するコンテンツはどうでしょうか。自社のこだわりや強みを紹介しつつ、「塗装加工でお困りの方はうちでお受けします。」と自社サービスへ誘導が可能です。

この範囲設定が重要です。広すぎては大手塗装メーカーのウェブサイトに勝てません。権威性や社会的な信用度が既に構築されており、潤沢な広告費をかけているためです。一方で、狭すぎると、そもそものターゲットが少なすぎてしまいます。

ターゲットのニーズ量をよく考えてコンテンツを絞っていきましょう。

自社のサービスは、誰の何を解決できるのだろう?

 

導線の設計とコンテンツの配置

導線作りを意識したコンテンツ作りにおいては、導線の設計コンテンツの配置が重要です。
導線とは、訪問者を自社のサービスや製品に誘導するための経路のことです。
工場のウェブサイト上で設定する重要な導線の一つは、コール・トゥ・アクション(CTA)です。CTAは、訪問者に対して特定の行動を促すボタンやリンクのことであり、例えば「お問い合わせ」「見積もりの依頼」「製品カタログのダウンロード」などの目的に応じたCTAを設置しましょう。

プラ太郎
入口と出口を導いてあげましょう。悩みを解決して、さらに欲しい人には自社サービスを提案します

また、コンテンツの配置も重要です。自社のサービスや製品に関連する情報や特長を訪問者が見やすくアクセスできるようにすることで、導線作りを効果的に行うことができます。
例えば、トップページやサービス紹介ページに【まずはこの記事】や【サービス活用事例】などを表示し、詳細ページへの導線を設けるなど、情報の階層化や関連性の強調を考慮しましょう。

コンテンツは導線です。しっかりと自社サービスに繋がるウェブサイト設計をしましょう。

導線の設計の例を見てみよう

マネーフォワードクラウド
法人向けのクラウド管理サービス。CTAを理解した上で、ウェブサイトを見てみよう。各種ボタンやリンクがちりばめられています。

 

SEO対策とキーワードの活用

Google検索で上位表示されるには対策が必要です

導線作りにおいては、SEO対策とキーワードの活用も重要な要素です。SEOとは、Serch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味です。
簡単に説明すると、Google検索キーワードで上位表示される対策のことをいいます。

SEO対策を行うことで、工場のウェブサイトが検索エンジン上で上位に表示され、多くの訪問者を獲得することができます。キーワードの選定やコンテンツ内での適切な配置により、自社のサービスや製品に関連する検索クエリ(キーワード)に対してウェブサイトが表示されるようにしましょう。

プラ太郎
SEOは、キーワード選定や、関連記事の相関、サイトの権威性、専門性、一貫性、鮮度など様々な要素を複合して評価されます。

ロングテールキーワード地域名と組み合わせたキーワードの活用も考慮しましょう。これにより、特定の地域やニッチな需要に焦点を当てた導線作りを行うことができます。

ロングテールキーワードとは?

【自動車車検】では、検索上位を取るのは難しいです。このような場合は、ロングテール(尾っぽが長い)キーワードでターゲットを絞ります。
一見すると、こんなタイトルのコンテンツを誰が見るんだと感じると思いますが、サイト創設が浅いとロングテールでないと検索上位は取れません。

  • ナンバーのない軽自動車車検の通し方
  • 車検と一緒に板金塗装をする時のポイント
  • 軽自動車と普通車車検の手数料比較  など

 

以上がコンテンツ戦略と導線作りの重要性についての要点です。射出成形工場は自社のサービスへの導線を意識したコンテンツ作りを行うことで、訪問者を惹きつけ関心を持ってもらうことができます。
ターゲットオーディエンスの把握や導線の設計、SEO対策とキーワードの活用を考慮しながら、自社の強みを最大限に引き出すコンテンツを提供しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-ウェブマーケティング

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.