製品開発

HOTAMET ホタメット プラスチック成形品のブランディング 自社商品の開発とストーリー戦略

244

ピックアップ

高機能素材Week東京展にてトークセッション決定
2023年10月6日(金) 13:30~14:15

パネラー
甲子化学工業 南原さん
一成モールド 氏田さん
リングスター 唐金さん
モデレーター
プラ太郎

詳しくはコチラ

環境保護と持続可能性は、今日の世界でますます重要性を増しています。限られた資源と地球環境を守るため、世界中でサステナブルな社会の構築が進められています。しかし、環境保護とサステナビリティを追求する過程では、しばしばトレードオフが生じます。この中で、消費者に価格以上の価値を提供することが重要です。
甲子化学工業では、ホタテの海洋汚染問題に着目しました。廃棄貝殻のアップサイクルを通じて生まれたホタテの貝殻のエコプラスチック「カラスチック」を用いて、地球環境に配慮した革新的な製品「ホタメット」を開発しました。同社部長の南原さんに、開発ストーリーをお伺いしました。

ホタメットのイメージ写真 出典:ホタメット公式ウェブサイト

 

1.ホタテの貝殻のアップサイクル カラスチックの開発

北海道猿払村では、年間におよそ4万トンものホタテが廃棄され、海洋汚染が深刻化していました。甲子化学工業は、以前から卵の殻のリサイクルを実施しており、その取り組みの延長線上でホタテの貝殻を活用する研究開発に取り組みました。ホタテの貝殻を煮沸洗浄から破砕粉砕などの工程を経て、エコプラスチック「カラスチック」が開発されました。

ホタテの貝殻から作られたカラスチック 出典:ホタメットウェブサイト

プラ太郎
甲子化学工業さんでは、エコプラスチック【カラスチック】から研究開発されたんですね。

南原さん
ホタテの貝殻が海洋汚染の原因になっているということを知り、何とか力になれないかと思い立ちました。現状の廃棄貝殻の削減が可能になり、さらにカラスチックを活用することで、石油代替としてCO2排出量も50%削減されるなど、環境への貢献が実現しています。自社製品だけでなく、国内外問わず様々な企業さんから興味を持っていただいています。

 

2.ホタメットのストーリー戦略

ホタメットは、カラスチックを用いて作られたヘルメットです。その商品コンセプトとストーリーが明確です。ヘルメットとしてのデザイン性と機能性愛らしいネーミングとキャッチコピー。所有者が得られる環境意識の高さや環境に優しいライフスタイルを実践しているステータスまで。「サステナブルな世界を想う」を形造っています。

ストーリー性の高い商品開発 出典:ホタメット公式ウェブサイト

プラ太郎
ホタメットは、1つ1つの価値が積み上がって、とても上手にコンセプトが練られていますね。

南原さん
エコプラスチックは、アップサイクルに多くの工数がかかりますので、既存のプラスチックに比べて高価です。差別化するには、プラで代替できない価値をポイントにしました。ホタメットを100%プラスチックで製品化しても意味がないんです。カラスチッククだからこそ特別な価値を提供できます。

プラ太郎
技術者は、技術にとがった付加価値を先行してしまいがちです。ホタメットのブランディングで意識されたことはどんなことでしょうか。

南原さん
具体的な技術をアピールしたくなりますね。ホタメットにも、様々な技術ノウハウを盛り込んでいます。貝殻からヒントを得た形状で33%の耐衝撃性をUPしています。また、エコプラスチックであっともプラ同等の機能を有します。しかし、あえてこういった技術は表には出すことなく、ストーリーの補強の1つと考えています。あまり詰め込み過ぎると、メインテーマがぶれてしまいます。わかりやすいことが重要ですね。

3.多様なチームメンバー

ホタメットの開発には、多様なバックグラウンドを持つチームメンバーが集結しました。大学教授から商品設計デザイナー、広報まで、異なる専門知識や経験を持つメンバーの多様性が、ホタメットのブランディングや、新しいアイデアと視点をもたらし、環境への思いを具現化しました。

プラ太郎
チームのメンバーはどのように集まったんでしょうか。

南原さん
企画を進めていくうちに徐々に集まっていきました。旧知の方に加えて、SNSを通して活動に共感してくださった方も加わっています。技術者だけでプロジェクトを進めるのではなく、開発や広報メンバーが加わることで、コンセプト作りや、ターゲット選定、ウェブサイトの構築など、スムーズに進みました。

4. 今後の展望

甲子化学工業では、自社新商品のラインナップや、他社との業務提携などが予定されています。サステナブルな商品開発の先駆者として今後の展望についてお伺いします。

大阪万博防災用公式ヘルメット採用 出典:甲子化学工業ウェブサイト

プラ太郎
クラウドファンディングで市販化並びに量産がお忙しそうですね。

南原さん
お陰様で、各業界からお声掛けいただいております。直近では、大阪万博の防災用公式ヘルメットの1つに採用になりました。地元大阪開催ということで、ぜひお迎えする側で参加したいと思っておりましたので嬉しいです。
また、お客様からのニーズから、ホタメットの子供用サイズのラインナップを増やす予定です。カラスチックの業務提携も進んでおり、当初の目的であった海洋汚染問題に貢献出来き、光栄です。

プラ太郎
万博採用おめでとうございます。今後のご活躍期待しております。本日はありがとうございました。

南原さん
こちらこそありがとうございました。

 

甲子園化学工業
公式ウェブサイト

ホタメット
特設サイト
購入サイト

南原さん
Twitter

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-製品開発

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.