歩留まり改善

射出成形工場の廃プラ削減 5つの対策実例解説 #PR

22

この記事はPRを含みます。

こんな方におすすめ

  • 歩留まり率をカイゼンしたい
  • 原料高騰で利益が残らない
  • 仕入れた原料をきっちり使い切りたい

射出成形工場における廃プラ量は、利益に直結する重要な管理項目です。

原油高、人件費の高騰により原料も値上げしています。

ペレット1粒だってムダにはできません

 

この記事では、【MISUMI ECサイトで射出成形のお役立ちグッズを開発販売や、デジタル部品調達サービスmeviy】を通して、ものづくり業界の部材、工具の安定供給と短納期化に貢献している
ミスミさんに、 【射出成形現場の廃プラ対策】についてお話を伺いました。

 

本記事は、ミスミが提供している「技術情報」から、一部分をダイジェストでおおくりしています。

記事中に広告を含みます。 #広告 #PR #Sponsored

 

1.射出成形で加工されるプラスチック

射出成形では、米粒大のペレットを、射出成形機で金型に充填して成形品を加工します。

原料 良品
不良品 粉砕再利用、売却、廃棄
ランナー
パージ球 売却、廃棄

仕入れた原料を無駄なく利益に繋げるには、いかに数多くの良品に加工できるかがポイントです。

 

2.廃プラ削減対策ポイント

射出成形工場における廃プラ対策の実例を解説していく。

全編はミスミ公式ページから

 

本編の気になる見出し

  1. 工程管理
    バラツキを抑えて、良品を成形することが重要です。
    ・どんな管理ポイントがあるのか
    ・生産計画を立てるうえで考慮すべきこと
    ・売り上げUPするが、利益がDOWNしてしまう
  2. パージ球の削減
    利益にならないパージ材の活用方法
    ①少ロット生産時のポイント
    ②生産の順番
    ③パージ剤の適正使用のポイント
    ④粉砕用の代替え材
    ⑤スクリュー清掃の実施
    ⑥パージ剤の仕分け
  3. 粉砕材の再利用
    粉砕材をリターンすることで、売り上げ・利益アップに繋がります。
    ①粉砕リターン
    ②粉砕機の選定方法
  4. ランナーレス金型の採用
    既存のランナー金型をランナーレス金型に改造・設変更することで、廃プラ削減に繋がります。さらに、ランナーカット作業の削減に。
プラ太郎
知って得する・知らなきゃ損知識と運用ノウハウをしっかり身に着けよう。

 

本編はミスミ公式ページから

おすすめコンテンツ

技能検定参考書のご紹介

-歩留まり改善

Copyright© Plastic Fan , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.