改善活動

自働化のすすめ スター精機 直交ロボット×姿勢NC制御 #PR

144

この記事はPRを含みます。

こんな方におすすめ

  • 取出し機で自働化したい
  • 人出不足をロボット導入で改善したい
  • 取出し機でどんな作業ができるか知りたい

ものづくり業界において、人出不足は深刻です。

今までは、人の手をかけて生産していましたが、今後はその人出が集まりません。

現状ではどの会社もギリギリの人で稼働しています。

いきなりロボットを導入したからといって、すぐに人にかわる成果を発揮できません。

今のうちから、外観検査や、ゲートカットなどはロボットに任せる仕組み作りをしていきましょう。

 

この記事では、直交ロボットの専門メーカーとして、射出成形工場の生産効率UP高付加価値提供に貢献している
スター精機さんに、【自働化のすすめ】についてお話を伺いました。

 

記事中に広告を含みます。 #広告 #PR #Sponsored

 

1.自働化のすすめ

直交ロボット×姿勢NC制御がすごい。

今までは、金型から成形品を取り出す➡パレタイズまでが取出し機の役割でした。

サーボモーター駆動の取出し機に、姿勢3軸NCアームを装備することで、拡張性が大きく進化しています。

このロボットは、1台で何役も仕事をこなします。

しっかりと利益が残る

 

2.姿勢NC制御が可能にした複合作業

取り出したワークを自由自在に動かせる。

取り出した後、コンベアに置くだけでなく、様々な工程を1台でこなす。

  • 外部ゲートカットユニットまで運ぶ
  • ゲートカット箇所に寄る
  • カメラ検査ユニットまで運ぶ
  • カメラ検査箇所をカメラ前にセットする
  • 多点測定セットする
  • パレタイジングする

下記資料は、スター精機公式ウェブサイトから転用しています。

 

今までは、カメラ検査機の前後にワークの搬送ロボットを据えて、大掛かりな安全柵で囲う必要がありました

しかし、姿勢NC制御アームを装備することで、全ての工程を1台でまかなえるようになりました。

 

3.実演解説

直交ロボット×姿勢NC制御を備えた取出し機の動作を動画で解説しています。

姿勢NC制御×ゲートカットユニット

自動ゲートカット

NC制御で、自在です。ダイレクトゲートを、可動側の待機ニッパーユニットでカットできる。

さらに、カットしたゲートが飛散しないように、チャックしてからカットしている。

これは知恵が詰まってるよ👏素晴らしいゲートカット技術です。

 

姿勢NC制御×カメラ検査ユニット

NC制御は、多点検査も可能にする。

カメラユニットは、取出し機の横行フレームに直吊りだから、超省スペース👏

さらに、カメラ検査前にタイマー保持してブレを矯正してから検査している。

画像検査精度があがるし、誤検査も防げるね。

実際にカメラ検査では、2つの検査をしています。

①ゲートの形状異常検知

ゲートカット時の白化はNG判定していました。

 

②計量カップ注ぎ口のショートショット検知

ショートはきっちりNG判定でます。

 

3.導入効果の算出

プラ太郎的、導入効果の算出をしていきます。

ポイントは大きく3つです。

① 生産コストを大幅削減して利益に貢献

姿勢NC制御を装備することで大幅に生産コストを削減できます。

  • ゲートカット
  • ゲート形状のカメラ検査
  • ショートショットのカメラ検査
  • 各工程間の輸送
  • パレタイジング

1サイクル30秒の間、ずっと仕事をしてくれます。

1台で何役もこなす万能ロボットです。

人を雇うなら、設備に投資しましょう。

ガッチリ稼いでくれますよ。

 

② 汎用性の高さ 他の金型にも展開可能

サーボ駆動の直交ロボットに、姿勢NC制御は、様々な作業を可能にします。

  • アーム先端を、吸着やチャックに付け替えることで、他の金型にも展開できます。
  • インサートを金型に挿入
  • 各軸をコントローラーで微調整可能(最大11軸までできるそうです。)
  • 一度記憶しておけば、次回は呼び出すだけ段取りが可能
  • 1つのコントローラーで、工程全体を一元管理できる

これまでの画像検査装置は、専用設計で大掛かりな装置になりがちでしたが、搬送を直交ロボットが作業するので、自由度が高く設定できます。

特に若手にはぜひ触って使いこなしてもらいたい

プログラミングに慣れていくと、「この金型のゲートカットできるかも。あの金型のカメラ検査はこんなやり方でできるかな。」とどんどん発想が広がります

プラ太郎
いじっていじってどんどんカスタマイズしていくことで、そのまま利益に繋がります。

③ データ蓄積

生産のログを取れる。

画像検査の記録を自動で蓄積できるのは便利。

  • 稼働率、不良率が見える化される
  • 不良発生頻度のバラツキや変化点を確認できる
  • 生産データを蓄積することで、効率的に生産が進む。(前回のデータを元に原料ロスを最少かできる)

数字のデータは、間違いありません。

人の記憶に頼らず、ロボットに任せましょう。

しっかりとデータを元に生産を積み重ねることで確実に生産効率は上がっていきます

便利なロボットに、色々仕事をしてもらいましょう。

楽して稼ぎましょう。

 

4.産業用ロボット特別教育や取出し機の指導実施中

スター精機 ショールームでは、産業用ロボットの特別教育や、直交ロボットの使い方指導を開催しています。

様々な企業で産業用ロボットの特別教育を実施していますが、射出成形業界に従事する方は、取出し機メーカーの産業用ロボット講習がおすすめです。

私は、自動車メーカーで同講習を受講しましたが、実技は多関節の溶接ロボットでした。

せっかくなら、いつも使う取出し機で講習を受けたいですね。

多くの気付きや、参考になる知識を多く学べます。

 

 

5.お見積りキャンペーン実施中

当プラスチックファンを見て、

スター精機の直交ロボット、姿勢NC制御のお見積りをしていただいた方の中から

抽選で毎月10組の企業様に、特別ノベリティをご用意しています。

 

スター精機ウェブサイトお問合せフォームのお問合せ欄

【プラスチックファン見たよ】とお伝え下さい。

もしくは、お見積り担当者へ、口頭でお伝えください。

今後の励みにもなります。よろしくお願い致します。

スター精機直交ロボットと姿勢NC制御の詳細はコチラ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-改善活動

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.