射出成形工場の管理

射出成形工場 火災の対策 安全な現場の作り方 #PR

190

この記事はPRを含みます。

こんな方におすすめ

  • 射出成形工場において、火災のリスクを知りたい
  • 火災予防を知りたい
  • 安全な工場管理を知りたい

射出成形工場は、火災の原因となる熱源が多くあり、常にリスクが潜んでいます。

  • 加熱筒
  • バーナーやハンダ小手
  • マグネットスイッチの消耗 など

火災が起こらないように、常日頃から心がける必要があります。

この記事では、【MISUMI ECサイトで射出成形のお役立ちグッズを開発販売や、デジタル部品調達サービスmeviy】を通して、ものづくり業界の部材、工具の安定供給と短納期化に貢献している
ミスミさんに、 【射出成形現場の火災対策】についてお話を伺いました。

 

本記事は、ミスミが提供している「技術情報」から、一部分をダイジェストでおおくりしています。

記事中に広告を含みます。 #広告 #PR #Sponsored

 

1.安全対策の必要性と原理原則

安全な現場が生産活動の基本です。

安全を損ねると、稼働が止まり利益に直接影響します。

安全を損ねることで発生する事象は下記の通りです。

  • 作業員の負傷
  • 設備の故障
  • 事故トラブルによる操業停止

効率・利益を優先することは、時に重大なリスクを見落としてしまいます。

Q:品質、C:価格、D:納期と一緒に、S:安全性とM:モラルが、揃って初めて安定的な経済活動が行えます。

 

安全管理の原理原則は下記の通りです。

  • 安全な職場は自分たちで作り上げる
  • 5Sの徹底
  • 安全管理システム作り

詳しくはミスミ公式ページから

 

2.射出成形工場における火災のリスクと対策

射出成形工場で火災のリスクがある課題を解説していきます。

  • 原料保管
    ・指定可燃物です。
    ・消火設備はありますか?
    ・保管方法は間違っていませんか?
  • 射出成形機
    ・加熱筒は高温になります。
    ・火災のリスクを日常点検
    ・熱源のカバーがポイント
    ・電気部品の火災リスク
    ・シリンダー清掃の注意点
    ・スプルー除去の火災リスク
  • 制御盤や壁コンセント
    ・トラッキング対策
    ・たこ足配線の管理方法

詳しくはミスミ公式ページから

 

3.火災対策は、抜本対策と注意喚起

火災は、一度でも起こしてしまうと、全ての資産が燃えてしまう。

火災のリスクは、できる限り低減しながら、リスクの本質を徹底的につぶさなくてはならない。

火災が起きないシステム作りをしつつ、注意喚起を合わせてしていくことが重要です。

詳しくはミスミ公式ページから

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-射出成形工場の管理

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.