働き方

射出成形 女性の活躍 「女性でも射出成形工場で働けますか?」

325

こんな方におすすめ

  • 射出成形工場で、女性でも働けるかな?
  • 手に職をつけて、安定した収入を得たい
  • 射出成形工場 どんな仕事があるのか知りたい

 

射出成形工場はどんな仕事してますか?

 

射出成形を行うプラスチックの製造工場では、現代社会に欠かせない様々なプラスチック製品(成形品)を製造しています。射出成形機と呼ばれる大型の機械に樹脂原料を投入し、金型内で成形品を固化することでプラスチック製品が作り出されます。
製造現場では、樹脂原料の運搬や充填、射出成形機への金型の取り付け、成形品の仕上げ、製品検査機械のメンテナンスなど、数多くの仕事があります。
プラスチックの射出成形機を扱う機械のオペレーション、製品が規格を満たしているかの検査、出来上がった製品を箱詰めする梱包などの仕事もあります。さらに、フォークリフトなどの重機を運転などに従事する場合もあります。

女性が工場で働いている

プラスチック製造工場で働くメリットとデメリット

現代社会に必須なプラスチックの製造ですが、工場で働くメリットとデメリットがあります。

射出成形工場のメリット

担い手不足。スキルアップして昇給可能。

射出成形を行うプラスチック製品製造業は、人手が足りない売り手市場であるため、求人数が豊富です。このため、未経験者でも求人があり、業界への就職は比較的簡単です。さらに、働きながらプラスチック成形技能士などの国家資格に挑戦することもできるため、スキルを身につけることができます。職場によっては資格手当も出るため、自分の努力によって給料を上げることが可能です。

射出成形工場のデメリット

夏場の暑さ。重労働や長時間拘束。交代勤務。

一方、射出成形機は、重量が1トン以上あることが一般的であり、取り付ける金型も100 kg以上となることがあります。また、高温で樹脂を溶かしたり、プラスチック製造に薬品を使用したりするため、臭いがきつい労働環境の場合があります。
また、夏場の作業温度が高いことも多いです。さらに、射出成形機のオートメーション化が進むと、作業効率が上がる反面、単純作業になることもあります。三交代制の勤務体系になっている場合には、深夜に働くこともあります。

プラ太郎
良い点悪い点は、その人それぞれで、表裏一体です。自身のライフスタイルや希望に合わせた働き方を選びたいですね。

プラスチック製造工場で女性は働ける?

女性が活躍しています。

製造工場での仕事といえば、長年男性が働くイメージがありました。しかし、最近では女性が活躍することも増えています。重いものを運んだりする、力仕事では依然として男性が従事することが多いのですが、プラスチック製造業自体では、女性の求人もたくさんあります
プラスチック製造業で女性の求人を調べると、プラスチック部品の組み立てや検査梱包作業などの業務があります。
また、製造工程の段取りや射出成形機のオペレーター、作業誘導、生産現場の監視など、製造現場で必要なソフト面での仕事が多くあります。
募集されているポジションとしては、派遣社員パートタイマーから、正社員など幅広い職格の人材が求められています。福利厚生の一環として、勤務先によっては、社員寮などを完備している場合もあります。

 

女性が働きやすい職場か確認しましょう

女性の求人自体は増えてきているプラスチック製造業ですが、実際に契約形態はしっかりと確認した上で、直接企業・職場を見学してみましょう。

工場勤務では、二交代制や三交代制の勤務形態の場合があります。二交代制は、12時間という長時間の労働時間となり、また、三交代制は8時間の労働期間ですが、夜間に勤務となることがあります。女性に限りませんが、子育てや介護など、家庭の事情がある場合には、このような勤務形態はそぐわないことがあります。個別の社員に合わせた勤務時間の設定も考慮する必要があります。また、転勤の可能性があるかどうかも、働き手には重要な要素です。勤務時間や転勤の可能性などを求人に明記することで、採用後のトラブルを避けることができます。

 

デジタル人材が活躍しています

昨今では、工場のスマート化やIoT化が進んでいます。これらは、コンピュータやインターネットを駆使して、生産現場を一元的に管理し、生産効率の向上を図るものです。工場のスマート化・IoT化には、コンピューターのソフトウェアやハードウェア、ネットワーク、情報セキュリティ、AIなどの知識が求められます。
スキルの習得には、勉強が必要ではありますが、勤務しながら、習得しつつ実務に役立てていくことがポイントです。
力仕事ではなく、かつ、今後ますます拡大していく分野の仕事であるため、女性が活躍する場としては最適でしょう。

 

まとめ

プラスチック製造業は、プラスチック製品需要の拡大から、常に人手不足となっています。女性だから就労できないことはありません。製造現場の技術職から、検査梱包など補助業務。品質管理やデジタル人材など、様々な役割があります。また、仕事をしながら国家資格や別のスキルアップにチャレンジすることで、昇給昇格のチャンスはたくさんあります。
射出成形は、今後も仕事量は増えていくと予想されています。検討してみてください。

 

プラファンでは、女性の活躍をサポートしています。コミュニティには、女性技術者も参加しています。

射出成形を学び、コミュニティで繋がり、最新情報やお役立ちスキルを習得して実務に活かしてください。

プラファントップページは、下記画像をクリック⇩

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
  • 最新フォト
プラ太郎

プラ太郎

「射出成形業界を繋ぐ」プラファン運営者|特級技能士|若手に向けて射出成形スキルを熱血発信|俺たちの仕事 射出成形は超カッコいい|射出成形機をモチーフにしたプラモデルPLAIVE|

-働き方

Copyright© Plastic Fan , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.