AI型内センシング

射出成形 成形条件の最適化の研究① 顔合わせと試作 AI 型内センシング #PR

53

この記事はPRを含みます。

この記事では、【AIによる射出条件自動調整システム】で、射出条件の自動調整・脱属人化・不良品ロス削減に貢献している株式会社MAZINの提供で研究しています。

記事中に広告を含みます。 #広告 #PR #Sponsored

 

プラ太郎
成形条件の作り方のセオリーはある。ただし、その成形条件が最適かどうか答えは出なかった。AI技術と型内センシングを用いて最適な成形条件を研究していく。

 


 

AIによる射出条件の自動調整システム

MAZIN公式ページはコチラから

 


AI技術に期待すること

MAZINでは、双葉電子工業型内センシング技術を用いて、型内データから成形条件の最適化を研究している。

金型内のランナーゲート直下流動末端型内センサーを取り付ける。

成形時のデータをログしていく。

 

AI技術に期待すること

  • 充填圧力、充填速度、ゲートシール時間などの最適化
  • ゲート詰まりの検知
  • 立ち上げ時の廃棄ショット削減
  • 量産中の自動成形条件調整

今までベテランのカンコツで行ってきた射出成形作業を数値化し、AIが割り出した最適条件で生産が可能になる。

 

研究の進捗をアップしていく。

 

 顔合わせ

2023年1月19日

MAZIN様 双葉電子工業様に、お越しいただきました。

型内センサー種類や、用途、選定方法から、データの活用事例を教えていただきました。

  • 職人のカンコツの数値化
  • 波形で不良監視ができる
  • 型内で、VP切り換え圧、最大射出圧、パック圧を計測

 

金型内計測システムの詳細は
双葉電子工業公式から
モールド マーシャリング システム

 

画像は双葉電子工業から転記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試作1

2023年1月23日

研究に使用する金型を、成形してみました。

この金型は、機械屋でお取引のある金型屋さんからいただきました。
開発したけれど実用化されなかった商品だそうです。
何の制限もない金型なので、全てをオープンにできます。
射出成形の金型や成形情報は、コンプラ、客先資産、競合他社など様々事情で公にできないものです。

今回の様に実際に射出成形作業を公にできるのは、個人が所有する金型ならではの強みですね。

 

金型 4個取り
成形品の 中央にヒンジの薄肉あり
ゲートから半分充填した後に、ヒンジを超えていくんだね。

 

 

成形機が汚れてるから、綺麗にしよう✨

 

以上

 

 

おすすめコンテンツ

技能検定参考書のご紹介

-AI型内センシング

Copyright© Plastic Fan , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.