プラ太郎

特級プラスチック成形技能士 | 2級 1級 特級 全て1発合格 | 自宅に射出成形機を持つ射出成形マニア | 射出成形工場勤務サラリーマン | 副業:機械販売修理・ウェブサイト運営(電子書籍「技能検定 合格マニュアル」販売)・ミスミ様、マジン様業務委託契約・ものづくり企業コンサル+ウェブサイトマーケティング数社契約中 | 電気工事と英語好き | Toeic800点

成形条件

射出成形における加熱筒温度の成形条件

加熱筒温度とは

射出成形機における加熱筒温度は、樹脂を溶融するための加熱筒の温度です。

使用する原料には、原料メーカーの参考標準温度があります。

加熱筒温度設定 特徴
高い 粘度が下がり、サラサラ流れる。ガスの発生が増える。
低い 粘度が上がり、流れにくくなる。ガスの発生は減る。

射出成形機の加熱筒には、ノズルヒーターバンドヒーター温度センサーがついています。

それぞれがZONEに別れており、ゾーン別々に温度設定をしていきます。

 

加熱筒温度条件の設定ポイント

ゾーン 設定ポイント
ホッパー下 原料の落ちてくるホッパー下は低い温度。高温では、溶け始めてしまうのでスクリューに食い込みません。
Zone4 Zone1に向かって、徐々に温度を上げていきます。原料は溶けながら、圧縮されて前方へ送られます。
Zone3
Zone2
Zone1 一番高い温度に設定
ノズル 金型にタッチするノズルは、Zone1-10~30℃の設定

原料の適正溶融温度は、原料諸元をもとに設定します。

 

加熱筒温度条件の例

使用原料PP(ポリプロピレン)

ノズル Zone 1 Zone 2 Zone 3 Zone 4 ホッパー下
200 220 220 210 200 40

 

加熱筒温度条件と成形不良の関係

加熱筒温度設定に起因する成形不良と対策を紹介します。

①糸引き

ノズルの温度が高いと、型開時にスプルーが糸を引きます。

□対策□

・ノズル温度を下げる。または、サックバックを増やす。
・糸引き防止キャップをノズルとスプルーブッシュの間に入れること。
・保圧を1段増やして、最終保圧を上げるか下げると、スプルーの切れ方が変化する。

②シルバー

高すぎる温度設定は、原料が分解してシルバーが発生します。

□対策□

・無駄に高い温度設定はせず、適正温度に設定する。
・適正温度より遥かに高い温度でないと充填できない金型は、ゲート径や、ガス逃げ、形状など他に原因がありそうです。加熱筒温度の条件設定では対応できない様なら、別の対策を考えましょう。

成形条件の作り方

【保存版】射出成形 成形条件の作り方 条件出しの基本 特級技能士が徹底解説

続きを見る

射出ユニットの成形条件

射出ユニットの成形条件は、加熱筒で樹脂を溶かして、金型に高速で充填する設定です。

  1. 加熱筒温度
  2. 計量完了位置
  3. 射出圧力(1次圧)
  4. 射出速度
  5. VP切り換え位置
  6. 保圧(2次圧)
  7. 保圧時間
  8. ゲートシール時間
  9. 冷却時間
  10. 計量(スクリュー回転)
  11. 背圧
  12. サックバック

型締めユニットの成形条件

型締めユニットの成形条件は、金型の開け閉め、EJの前後進する設定です。

  1. 型締力
  2. 低圧金型保護
  3. 型開閉
  4. エジェクター(エアーエジェクター)
  5. スライドコア
  6. ねじ抜き装置

おすすめコンテンツ

技能検定参考書のご紹介

-成形条件

Copyright© 射出成形作業 技能検定 1級2級合格対策 プラスチックファン・Plastic Fan , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.