射出成形の仕事

成形条件の作り方 最大ピーク圧とは? 射出成形 入門 初心者 1級2級 技能検定

2020年2月4日

本日は射出成形の基礎固めです。

最大ピーク圧力って聞いたことありますか?

言葉は聞いたことあるけど、実際にどんな意味があって、どの様に見れば良いのかはわかりずらいですね。

プラ太郎
初心者、中級者向けに今さら聞けない最大ピーク圧を簡単に解説していきます。

1.最大ピーク圧とは

最大ピーク圧とは、充填時、射出装置にかかる最大の圧力です。

 

充填時、樹脂の流れを見て行きましょう。

下図の様な金型に充填していきます。緑が樹脂です。

 

あらかじめ設定した成形条件】

パラメーター 設定値
射出圧力 100mPa
射出速度 70mm/sec
計量位置 50mm
VP切換位置 10mm

ここでは、保圧は使わず速度のみで充填していきましょう。

【充填イメージ】

1.まず50mmまで計量して樹脂を準備します。

2.金型を締めて、充填していきます。

  スクリューは前進し、樹脂は金型内に扇型に充填されます。

3.さらにスクリューは前進していきます。

4.VP切換え位置10mmまで充填すると、90%ほど充填できました。

 

 

この射出速度と射出圧力の波形を見て行きます。

【射出速度の波形】

計量位置から充填が始まり、射出速度は70mm/Secまで上がっていきそのままキープされます。

【射出圧力の波形】

射出速度70mm/Secに向かって速度が上がっていくに連れ、射出圧力も増えて行きます。

樹脂の先端はどんどん冷え、金型内のスペースも減っていくので、流れにくくなっていきます。

同じ速度で充填していくと、力はどんどん必要になりますね。

 

 

この条件の時、充填ピーク圧は、下図の黄色○になります。

 

 

2.最大ピーク圧で工程監視

設定する射出圧力は、最大ピーク圧より少し高い程度で十分です。

高過ぎる設定では、金型トラブル(オーバーパック)時、その差分金型に充填させてしまいます。

最大ピーク圧は、安定成形中はほぼ一定です。

トラブル発生時に、最大ピーク圧の上下限監視をすることで、金型の破損、スクリューのトラブル等を監視します。

関連記事

2022/1/4

特級プラスチック成形技能士が語る 射出成形技能士に合格したら、この視点を持つべき5つのポイント

射出成形業界で【技能士資格】は花形です。 その守備範囲はとても広い。 ・条件出し ・段取り替え ・保全メンテナンス ・不良削減 ・是正処置 ・クレーム処理 ・作業指導 ・改善活動  など多岐に及びます。 特級プラスチック成形技能士として、これまで13年間射出成形業界に従事してきて、 色々な課題にぶつかり、知識、記述、知恵と執念で結果を残してきました。 そんな歩みの中で、色々な人と一緒に仕事をさせていただきました。   そこで見えてきた 仕事のできる技能士と、こいつは駄目だなと思う技能士の違いを解 ...

ReadMore

2022/1/3

射出成形 特級技能士が教える 粉砕機トラブル 原因とメンテナンス

射出成形業 原料を溶融して、金型に充填することで製品を成形します。 仕込んだ原料の100%全てを製品に成形はできません。 どうしてもスタート捨てショットと、不良が出てしまいます。 不良品は、粉砕して再利用します。 【粉砕材を制するものは成形を制す】といっても過言でないくらい重要です。 不良品は捨ててしまえばゴミですが、 粉砕してもう一度製品に成形することで利益に繋がります。 その粉砕材を作り出すのが「粉砕機」です。 射出成形工場の【縁の下の力持ち】です。 そんな粉砕機に関して、よくあるトラブルの原因と対策 ...

ReadMore

2022/1/2

原料管理 特級技能士が解説 射出成形 マスターバッチの混合比の求め方 基本と応用

射出成形業で、人件費の次に経費としてかかるのが「原料費」です。 原油高に伴って、プラスチック原料の価格はどんどん上がっています。 射出成形業は、原料を仕入れて金型に充填する加工業。 仕入れた原料を効率的に製造しなければ、利益は残せません。 特にエンプラなど高機能原料、添加剤やマスターバッチは高額です。 「決められた混合比を守って混合する。」は当たり前です。 しかし、わかっている様で、しっかり理解できていない人が多いのが【混合比】です。 本日は、原料混合の基本をシェアしていきます。 目次1.混合の基本(ⅰ) ...

ReadMore

2021/12/6

射出成形 自重落下製品 グリース汚れ付着対策

射出成形で成形された製品は、大きく分けて2種類の方法で取り出しされる。 1.自重落下 2.取り出し機 自重落下は、金型直下で製品受箱で製品を受け取る方法です。 製品が金型からエジェクト⇛製品箱へ落下までの短い距離ですが、ここで問題になるのが「製品の汚れ付着」です。 エジェクトされた製品が ・金型ガイドピンやスライド摺動部のグリース ・成形機プラテンレール、タイバーのグリース  など 付着してしまいます。 製品箱で受けているので、1つでもグリースの付着があると、製品箱内で他の製品にさらに汚れが広がっていきま ...

ReadMore

2021/11/12

商品レビュー ミスミ スクリューメンテナンス用ハンディ加熱器

ミスミさんとのお仕事第1段ということで、 ミスミさんの商品レビューになります。   射出成形工場、プラスチック成形、金属加工業などで使用いただける お役立ちグッツです。   動画は、Youtubeを使用し、アップしてあります。   目次スクリューメンテナンス用ハンディ加熱器商品説明商品レビュー スクリューメンテナンス用ハンディ加熱器   商品説明 【商品外観】   【特徴】 ・高性能電気ヒーター採用によりバーナーや火を使わず成形機スクリューや3点セットにこ ...

ReadMore

おすすめコンテンツ

おすすめ記事

技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

-射出成形の仕事

Copyright© プラスチックファン・Plastic Fan , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.