スポンサーリンク



【初心者】 射出成形 付加価値を増やすには? 基本 技能検定 1級 2級

前回は、プラスチック成形業の仕組みを解説しました。

おさらいは前回記事を参考にして下さい。

まず射出成形工場では、成形品を製造、販売することが生業です。 成形工場に勤務されている 20~30代の初心者 ...

さて、本日のテーマは、

【付加価値】についてです。丁寧に噛み砕いて解説していきます。

  1. 付加価値とは
  2. 付加価値を増やすには

対象は、

  • 20~30代の初心者
  • 新人教育担当者

となります。

製造業の基本をしっかり学んでいきましょう。

1.付加価値とは

こちらは前回記事でお話しましたが、復習も兼ねて説明します。

お客様に商品を納品すると、【売上】が発生しますね。

製造業の流れの通りこの【売上】から必要経費を引いた額が、【付加価値】となります。

製造業の流れ

原料→加工→売上   ですので

会社を通す事で価値がUPすると言えますね。

言い換えれば

【自社が産み出した価値】のことです。

付加価値は、【儲け】【利益】ともいいます。

2.付加価値を増やすには

結論から申し上げると、付加価値を増やすには

  1. 仕入れを下げる
  2. 経費を下げる
  3. 売上を上げる

1つずつ説明していきましょう。

(ⅰ)仕入れを下げる

射出成形工場における仕入れは、買い入れるモノですので

  • 原料
  • 梱包資材 など

を、安く仕入れることです。

①原料

  1. お客様からの仕入れるも原料
  2. 自社で調達する原料

がありますね。

1.お客様から仕入れる原料

こちらは、安くする事はなかなか難しいです。

2.自社で調達する原料

反対に自社で調達する原料は安く仕入れる事が可能です。

【自社で調達する原料を安く仕入れる方法】

  1. 仕入れ先を変える
  2. 仕入れる量を変える
  3. 原料を変える
a.仕入れ先を変える

原料は、原料メーカー、商社、着色屋などから調達しますね。

原料の取り扱いは、各社で得意不得意があるので、他の会社から仕入れる事で大きく下げられることもあります。

b.仕入れ量を変える

仕入れ量を多くする事で、割安に仕入れられます。

発注頻度が減れば人件費は減りますが、保管費用は増えてしまうのでバランスが重要です。

c.原料を変える

各社原料メーカーは、特性の同じ又は似ている原料があります。

海外から輸入している原料を、国産原料に変える事で大きく下げることも可能です。

②梱包資材

梱包資材は、大きく仕入れ金額を下げられる可能性があります。

今インターネットで調べれば、いろんなサービスがあります。

梱包資材は基本的に汎用性が高いです。

ネットで簡単に【最安値】がでてきます。

うまくネットを活用して仕入れ額を下げましょう。

(ⅱ)経費を下げる

加工するための経費は様々です。

  • 電気代
  • 人件費
  • 設備(成形機、車両)償却費
  • 設備の消耗費
  • 営業費  など

今回は、人件費について解説しましょう。

①人件費

やはり一番は人件費です。

  • 慣習による無駄な残業
  • 人の手が多くかかる工程
  • 効率の悪い生産

要因は様々ですが、【省人化】は今の時代でマストです。

対策として、

  1. しっかりと計画を立てる
  2. 工程改善
  3. 自動化
a.しっかりと計画を立てる

1番効果的なのは

【しっかりとした生産計画を立てる】ことです。

段取り8分と言いますが、しっかりと計画を立てる事が重要です。

先の計画が見通せれば、生産は安定、無駄な残業もなくなり、従業員への負担も軽減されます。

いい事づくめですね。

b.工程改善

計画の次は、工程です。

工程を見直す事で、人件費は確実に下がります。

【ムダ取り】という言葉がありますが、徹底的にムダを取りましょう。

マニュアル化することで、さらに人件費を下げて行きましょう。

c.自動化

今後、確実に人件費は高騰していきます。

人口減少は加速していきます。

人件費が、付加価値を圧迫するのは目に見えている未来です。

人件費にかける経費を設備に投資し自動化を進めましょう。

製造業は、単純反復作業の集まりです。

そんな単純反復作業はロボットに任せましょう。

また、出来高入力や伝票作成などは、どんどんパソコンを利用して作業を軽くしていきましょう。

(ⅲ)売上を上げる

売上を上げれば付加価値は上がります。

しかしこれは難しいですね。

商品の売値は決まっていますので、単価は上げられません。

ですので、注文数を上げる事で付加価値を上げる事ができます。

  • 営業力
  • 生産能力
  • 安定品質
  • 納期厳守
  • 法令順守

など、しっかりと実績を積み重ねて行く事で、注文を多く頂けるよう努力していきましょう。

3.次回予告

付加価値の上げ方を解説して行きました。

逆に付加価値がガクッと下がってしまうことがあります。

次回は、【付加価値と不良】の関係を解説していきます。

コンテンツのご紹介

これから射出成形技能士になって

  • 知識技術を付けたい
  • 家族のために、給与を上げたい
  • 昇格したい

プラスチック成形技能士が、本気で技能士取得を目指す方を応援します!

 

13年前、無職からスタート

年収700万へ到達したリアルなテクニックを経験者が語ります。

 

執筆初日から多くの方に購入いただき、誠にありがとうございます。

人生は変わります!

技能士になって夢掴みましょう!

 

合格への最重要ポイント

実技試験の攻略が大きな壁となります。

  • 1発で合格したい。
  • 何回受けても不合格
  • 合格率を上げるために知っておくべきノウハウ

まず初めに抑えておくべき6つのポイントをまとめました。

本サイト一番人気の記事です。

さらに加筆し、あえてこちらは有料コンテンツとさせて頂きました。

私の経験上、資格取得にコミットするには覚悟が必要です。

有料記事を買う事で、モチベーションと合格確率は俄然上がります。

特級1級2級を全て1発で合格してきた特級技能士がおすすめする攻略ポイントになります。

射出成形作業【実技試験】は、テクニックが必要です。 現場の知識・経験だけでは、合格できません。 しっかりと準備する必要があります。 ・実技試験において、問われる「技能」とは? ・受験生の半数以上が陥る「不合格原因」は? ・なんで何回受けても合格出来ないんだろう? ・成形品の「品質」の基準はあるの?   など 様々…

年収700万の稼ぎ方

射出成形業界の歩み方。決定版です。

私も手取り15万、ブラック企業出身です。

若手の皆にいち早く知っておいてほしい、道しるべを書きました。

こちらは、7000文字を超える超大作です。

こちらもあえて有料記事にしてあります。

本気で今を変えたい人だけにしか思いは届かないと思っています。

特級プラスチック成形技能士が徹底解説提案しています。

全力で応援しています。

Twitterで、2019年「#手取り15万」が話題になっていました。 ・やばい手取り15万。生活カツカツ。 ・いやいや、俺なんて手取り12万だぞ。贅沢言うな。  などなど 射出成形工場勤務20~30代の若い人たちも状況は一緒じゃないでしょうか? ブラック企業、残業代不払い、パワハラ、3K。 私も、手取り15万…
技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

【注意】技能検定過去問題集・解説書は、数年毎に改訂されます。本記事の執筆は平成31年3月現在の最新情報になります。ご注意ください。…

フォローする