スポンサーリンク



【初心者】 射出成形業の仕組み 基本 技能検定 1級 2級

まず射出成形工場では、成形品を製造、販売することが生業です。

成形工場に勤務されている

  • 20~30代の初心者
  • 新人教育担当者

向けに、射出成形業界の仕組みを簡単丁寧に解説していきます。

1.製造業の仕組み

「ものづくり」をして社会に貢献する業態です。

材料を加工して、製品を作ることが価値になります。

日本国内の製造業内訳は下記の通りです。

  1. 電気・機械
  2. 食料品
  3. 輸送機械

日本産業の雇用先割合は下図の通りです。

サービス業、卸売・小売業に次ぐ日本を支える産業です。

(出典)総務省「ICTによる地域雇用創出に向けた課題と解決方策に関する調査研究」(平成27年)

2.射出成形業の仕組み

もちろん射出成形業は【製造業】になります。

射出成形工場の簡単な流れ

  • 原料を仕入れ
  • 射出成形機+金型で加工
  • 出荷

(ⅰ)仕入れ「インプット」

上図で言うところの原料が仕入れです。

「仕入れ」はインプットとも言います。

(ⅱ)出荷「アウトプット」

上図で言う製品をお客様へ納品することです。

出荷することで「売上」が立ちますね。

(ⅲ)工賃

「出荷」-「仕入れ」=工賃

シンプルに、差額が工賃(加工賃)になります。

(ⅳ)工賃に含まれる経費

工賃(加工賃)の中には、加工するのに絶対かかってしまう費用が含まれます。

簡単に仕分けると下記の通りです。

  1. 電気代
  2. 人件費
  3. 設備(成形機、車両など)償却費
  4. 設備施設の消耗費
  5. 営業費  など

(ⅴ)付加価値

「工賃」-「経費」=付加価値

仕入れ→加工→出荷の流れの中で、残ったお金です。

【自社が産み出した価値】をお金に換算したもの。

よく現場で、「付加価値もっとあげろ!!」って耳にしますよね。

製造業の場合、利益、儲けとも言われますね。

この付加価値をあげることが自社の強みになります。

逆に、付加価値の低い会社は、

  • いつも忙しい
  • バタバタしている
  • 不良が多い
  • いつの日か潰れてしまいます。

次回は、この【付加価値の最大化】についてお話していきます。