スポンサーリンク



【初心者】 射出成形業の仕組み 基本 技能検定 1級 2級

まず射出成形工場では、成形品を製造、販売することが生業です。

成形工場に勤務されている

  • 20~30代の初心者
  • 新人教育担当者

向けに、射出成形業界の仕組みを簡単丁寧に解説していきます。

1.製造業の仕組み

「ものづくり」をして社会に貢献する業態です。

材料を加工して、製品を作ることが価値になります。

日本国内の製造業内訳は下記の通りです。

  1. 電気・機械
  2. 食料品
  3. 輸送機械

日本産業の雇用先割合は下図の通りです。

サービス業、卸売・小売業に次ぐ日本を支える産業です。

(出典)総務省「ICTによる地域雇用創出に向けた課題と解決方策に関する調査研究」(平成27年)

2.射出成形業の仕組み

もちろん射出成形業は【製造業】になります。

射出成形工場の簡単な流れ

  • 原料を仕入れ
  • 射出成形機+金型で加工
  • 出荷

(ⅰ)仕入れ「インプット」

上図で言うところの原料が仕入れです。

「仕入れ」はインプットとも言います。

(ⅱ)出荷「アウトプット」

上図で言う製品をお客様へ納品することです。

出荷することで「売上」が立ちますね。

(ⅲ)工賃

「出荷」-「仕入れ」=工賃

シンプルに、差額が工賃(加工賃)になります。

(ⅳ)工賃に含まれる経費

工賃(加工賃)の中には、加工するのに絶対かかってしまう費用が含まれます。

簡単に仕分けると下記の通りです。

  1. 電気代
  2. 人件費
  3. 設備(成形機、車両など)償却費
  4. 設備施設の消耗費
  5. 営業費  など

(ⅴ)付加価値

「工賃」-「経費」=付加価値

仕入れ→加工→出荷の流れの中で、残ったお金です。

【自社が産み出した価値】をお金に換算したもの。

よく現場で、「付加価値もっとあげろ!!」って耳にしますよね。

製造業の場合、利益、儲けとも言われますね。

この付加価値をあげることが自社の強みになります。

逆に、付加価値の低い会社は、

  • いつも忙しい
  • バタバタしている
  • 不良が多い
  • いつの日か潰れてしまいます。

次回は、この【付加価値の最大化】についてお話していきます。

コンテンツのご紹介

これから射出成形技能士になって

  • 知識技術を付けたい
  • 家族のために、給与を上げたい
  • 昇格したい

プラスチック成形技能士が、本気で技能士取得を目指す方を応援します!

 

13年前、無職からスタート

年収700万へ到達したリアルなテクニックを経験者が語ります。

 

執筆初日から多くの方に購入いただき、誠にありがとうございます。

人生は変わります!

技能士になって夢掴みましょう!

 

合格への最重要ポイント

実技試験の攻略が大きな壁となります。

  • 1発で合格したい。
  • 何回受けても不合格
  • 合格率を上げるために知っておくべきノウハウ

まず初めに抑えておくべき6つのポイントをまとめました。

本サイト一番人気の記事です。

さらに加筆し、あえてこちらは有料コンテンツとさせて頂きました。

私の経験上、資格取得にコミットするには覚悟が必要です。

有料記事を買う事で、モチベーションと合格確率は俄然上がります。

特級1級2級を全て1発で合格してきた特級技能士がおすすめする攻略ポイントになります。

射出成形作業【実技試験】は、テクニックが必要です。 現場の知識・経験だけでは、合格できません。 しっかりと準備する必要があります。 ・実技試験において、問われる「技能」とは? ・受験生の半数以上が陥る「不合格原因」は? ・なんで何回受けても合格出来ないんだろう? ・成形品の「品質」の基準はあるの?   など 様々…

年収700万の稼ぎ方

射出成形業界の歩み方。決定版です。

私も手取り15万、ブラック企業出身です。

若手の皆にいち早く知っておいてほしい、道しるべを書きました。

こちらは、7000文字を超える超大作です。

こちらもあえて有料記事にしてあります。

本気で今を変えたい人だけにしか思いは届かないと思っています。

特級プラスチック成形技能士が徹底解説提案しています。

全力で応援しています。

Twitterで、2019年「#手取り15万」が話題になっていました。 ・やばい手取り15万。生活カツカツ。 ・いやいや、俺なんて手取り12万だぞ。贅沢言うな。  などなど 射出成形工場勤務20~30代の若い人たちも状況は一緒じゃないでしょうか? ブラック企業、残業代不払い、パワハラ、3K。 私も、手取り15万…
技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

【注意】技能検定過去問題集・解説書は、数年毎に改訂されます。本記事の執筆は平成31年3月現在の最新情報になります。ご注意ください。…

フォローする