スポンサーリンク



手取り15万から年収700万稼ぐ方法 射出成形 技能士

Twitterで、今(2019年9月25日)「#手取り15万」が話題になっていました。

  • やばい手取り15万。生活カツカツ。
  • いやいや、俺なんて手取り12万だぞ。贅沢言うな。  などなど

射出成形工場勤務で、20代の若い人たちも状況は一緒じゃないでしょうか?

実際に、私も基本給18万円+少しの残業代=手取り15万からのスタートでした。

さて、本日はどうやってこの手取り15万から抜け出すか?を実体験をふまえてアドバイスしていきます。

ちなみに、この記事の信ぴょう性を持たせるために、私のスペックを少し紹介します。

田舎生まれ田舎在住。35歳。

高卒、特級技能士、第一種衛生管理者、第二種電気工事士、Toeic540点です。

成形の現場で製造に携わっています。

年収でいうと、700万強です。

残業は10時間程度です。

上場企業。ストレス少ない環境で働いております。

上を見ればもっといいお給料で働いている方はたくさんいらっしゃると思います。

誤解して欲しくないのは、自慢話ではないですという事だけです。

今日は「手取り15万」で悩んでる20代の若い子たちに向けて、少しでも役に立てればという気持ちで記事を書きます。

私が実践してきたポイントは3つです。

1.射出成形技能士になる。

2.他の技能士と差別化を図る。

3.転職する。

ひとつづつ解説していきましょう。

1.射出成形技能士になる

そのまんまですね。

プラスチック成形業界では、プラスチック技能士の資格は優遇されます。

理由

  • 技能検定は公的資格で信用度が高い
  • 知識、技術がないと合格できない
  • プラスチック業界では、出世の登竜門

簡単にあげるとこんなものでしょうか。

とにかくプラスチック成形業界では【花形】です。

プラスチック成形工場に勤務しているけど、他部署に配属になってしまった。。。

という人も多いと思います。

「射出成形機の操作は経験が少ないんだよなぁ。」という方は射出成形機メーカーや技能検定協会の主催するセミナーや講習会に参加してみてください。

「技能検定に合格すること」にフォーカスした内容ですので、技能検定に合格することは可能です。

ちなみに、私は他部署に所属していた時に1級技能士に合格しました。

当時、通常の業務では成形機をいじれなかったので、仕事が終わった後、知り合いの成形屋さんに半年間修行にいった思い出があります。

他部署でも技能士に合格できるのでまずチャレンジしてみることです。

2.他の技能士と差別化を図る

「差別化」とは、他の技能士がもっていない能力を持つという事です。

前提として

技能士合格=プラスチック成形の知識・技術を有する証明ですよね。

なので、プラスチックのスキルは十分です。

実際は、技能士として業務に当たっていれば自然に、金型、材料、条件出しの方法などが身についていくものです。

職場で頑張るのは当たり前です。

家に帰ってから自己投資しましょう。

家に帰ってまで射出成形の勉強しなくちゃいけないの?家に帰ったら遊びたいよ。っていう意見もすごくわかります。

ここでデータを1つお見せします。

【問題】社会人の1日の勉強時間ってご存知ですか?

【答え】「6分」です。

これを、

え?皆ぜんぜんやってないじゃん?

  1. よかったー。一緒じゃん。と取るか。
  2. 30分やれば、俺ぶっちぎれるじゃん。と取るか。

私は、職場以外の時間、遊ぶよりも新たな知識・技術を習得する事に目を向けてきました。

その一歩がターニングポイントとなります。

お勧めの資格、スキルをご紹介

特級技能士

プラスチック成形技能士は1級を持っている人はすごく多いです。特級となるとガクッと人数が減ります。

特級技能士は、プラスチック成形の専門資格ではなく、管理者の持つべき知識の資格ですので、

「プラスチックの超すごい技能士ではなく、マネジメントができるプラスチック技能士」という意味合いです。みんな誤解しているんですねぇ。

でも、特級技能士の金看板は、モロに影響力がすごいです。

工程管理、作業管理、品質管理、作業指導など表現が難しかったり、範囲も広いですが、ぜひチャレンジしてみてください。

クレーム処理能力

クレームの中でも、【対策書をうまくかける能力】は重宝されます。

対策書の書き方の例

  1. 不良事象の事実確認
  2. 各工程の調査
  3. 発生原因、流出原因を絞り
  4. 対策
  5. 効果の検証

対策書を書くには

  • 広い知識
  • 専門性
  • 論理性
  • 問題解決力
  • プレゼン能力

などが必要です。これらの能力を育てるには対策書や改善提案など、数をこなすことが一番です。

一見面倒くさそうで、嫌だなぁと思うかもしれませんが、率先して取りに行って下さい。

この能力は他の職業や会社での【再現性】が非常に高いです。

要は、プラスチック成形工場以外の仕事にも役立つ能力です。

英語能力

今、私が行っている能力開発になります。

「日本人は英語の苦手意識が強すぎる。」これは世界的に良く言われている事です。

中高と6年も英語を勉強した事実があるにも関わらず、「英語を話せない」って言いますよね。

ネイティブと同じようには話せないでしょうけど、英単語を並べて話す事はできるはずです。

他の国の人は、下手でも英語を話します。

雰囲気で伝わりますし、失敗しても恥ずかしがりすぎません。

「日本人=英語が話せない」

なので、逆に話せたら、、、そうです希少性が増します。

現在、英会話アプリで毎日2時間程度、海外講師と英会話しています。

塵積もで、1年後にはそこそこペラペラになっていると思います。

読書の習慣

社会人は読書をしないですねぇ。

人生損してますよ。

仕事や人生で悩んでるなら、本をかたっぱじから読んだらいいのにと思います。

なぜここまで読書をお勧めするかというと、

本の中に解決の全てが入っているからです。

本は不思議なんですが、今の精神状態に応じて入ってくる内容が異なります。

例えば、

病んでるときに哲学書を読めば、その病んだ心に突き刺さるフレーズが多すぎて涙があふれてきます。

お金がほしいなぁと思って、ビジネス書を読めば、あなたの背中を押してくれるアイデアと出会えます。

本は、あなたの求める以上のことを勧めません。

どう読むかはあなた次第とも言えます。

社会人になり、こり固まった頭に新たな風を送り込んでくれるでしょう。

まずは、図書館に行って、気になった背表紙を何冊か借りて読んでみてください。

必ず読書はあなたの人生を変えます。

そういう私はテレビはほとんど見ません。もっぱら読書です。

いつも手の届くところに本がいます。

3.転職する

年収をあげる簡単な方法は転職です。

上記であげたようにスキル身に着けよりよい環境にステップアップしましょう。

社会人となり右も左もわからな方1年生から技能士を取得し、さまざまな経験を積むことであなたの市場価値がどんどん上がっていきます。

この市場価値を意識をして下さい。

どの業界でも言える事ですが、会社の規模で年収は決まります。

一般的には上から

  1. 上場企業メーカー
  2. 上場企業サプライヤー
  3. 中小メーカー
  4. 中小サプライヤー
  5. 個人サプライヤー

このピラミッドの上を目指して転職します。

やはりメーカーは自社の商品を持ちますので売上が良い。すると、社員にも還元されやすい傾向があります。上場企業は、福利厚生も手厚いです。社員を大切にしてくれます。

一方、中小サプライヤーは、薄利で製造してるもんですから、社員は大変ですよね。やることは多いのに給与が低く、疲弊していくのはこの理由です。なので残業をいっぱいして給与を稼ぐのはお勧めしません。必要最低限の残業をこなし、家に帰って勉強なり自己投資しましょう。

プラスチック成形業界では、高卒でも技能士であれば即戦力として採用されやすいです。

私も、中小サプライヤーから始まり、今は上場企業メーカー勤務です。

今勤めている企業もいつまで勤めるかわかりません。

もっと条件の良い契約を頂けるようならぜんぜん転職します。

雇ってもらっているという認識はなく、ビジネスパートナーという感覚に近いです。

4.最後に

これまで話した内容が嫌味に聞こえてしまったり、不快にさせてしまったら申し訳ありません。

「#手取り15万」って聞いて、俺もそんな時代あったなぁって思いました。

23歳で、できちゃった結婚をし、嫁と娘2人を食わせて行くのはすごく大変でした。

でもコツコツ積み上げた努力は裏切りません。

ブラック企業に勤めながら、必死でのし上がってきた私が言うんだから本当です。

20代で悩んでる皆の道しるべになればって思います。

プラスチック技能士を目指して人生変えたいって思ってる人を全力で応援します。

技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

【注意】技能検定過去問題集・解説書は、数年毎に改訂されます。本記事の執筆は平成31年3月現在の最新情報になります。ご注意ください。…