スポンサーリンク



新人に必要なベーシックスキル メモの取り方 射出成形工場 職場の基本

射出成形工場に勤務が決まった新卒社会人、または10~20代の中途採用者の方向けの記事です。

射出成形工場に勤務し、0から社会人をスタートして行くときに、必要なスキル。

いわゆる「ベーシック スキル」の解説になります。

新入社員教育、受入れ教育などのプログラムがしっかりした会社であれば、教えてもらえることではありますが、中小零細企業では、しっかりと教えてもらえるとは限りません。

本日は、射出成形工場に勤めて、0~スタートした私の実体験を基に

  • いまさら聞くに聞けない
  • 社会人として当たり前に身につけておきたいスキル

をまとめています。

記事の最後に質問欄がございますので、わからない事・もっと知りたい事をお気軽に質問下さい。

さて本日は、「メモの取り方」の基本です。

1.メモの重要性

人間の記憶力はすごくあいまいで信用できません。記憶ではなく記録することが重要です。

学生時代には、先生が黒板に大事なポイントを書いて、「ここ大事だよぉ!テストでるよぉ。」なんて親切丁寧に教えてくれました。

ですが、社会に出れば、お客様や上司のみんなこんな風に教えてはくれません。

「忘れました。」では、仕事になりませんし、何回も続けば、信頼は失われます。

メモを取ることは、約束を守るために必ず必要です。

また、頭は記憶に使うのではなく、物事を考えるために使いましょう。

2.携帯できるノートか手帳

では、何にメモを取ればいいでしょう?

  1. 小さめのノート
  2. 手帳

この2択のどちらかが良いでしょう。

ノート・手帳をおすすめする理由は、メモをどんどん追加・削除できるからです。

時系列で追加できるのもポイントです。

作業着の胸ポケットに入れて携帯できるサイズがベストです。

反対にダメな記録方法は

  1. 手の甲
  2. プリントの裏

などは、やめましょう。

一時的なメモという意味では効果的ですが、

  • 汗で消えてしまう
  • どんどんメモ紙が増えて行き時系列がわからなくなる
  • 読み返せない分忘れるリスクがある

など、中途半端な記録は役に立ちません。

また、スマホが普及してきたとは言え、まだまだ紙+ペンの速記が優位です。

3.メモのタイミング

(ⅰ)人の話を聞く時

基本的に、人の話を聞く時は、まずノート・手帳を開き、メモの準備を取ること!

条件反射です。これは私が射出成形工場1年生だった頃、何度も何度も注意を受けました。

お客様や上司は基本的に何か用があるから、あなたに話しかけてきています。

聞くだけでなく、内容をメモする事を意識しましょう。

(ⅱ)思い出した時

仕事中に突然ふと良いアイデアや、やり忘れていた事などを思い出す事があります。

こんな時は、今行っている業務を一時中断してメモしましょう。

私は何度も経験していますが、ふと思いついた事は一瞬で忘れてしまうものです。

このひらめきは、仕事がひと段落したらメモに残そうと思っていたら、もう思い出せません。

4.読み返す習慣

ただメモしていても、活用しなければ意味がありません。

新人時代の上司には、「メモをとっても忘れるんだから。しっかり読み返せ。」と言われていました。

目の前の業務に追われているとどうしても、忘れてしまうことがあります。

予防するために、メモを定期的に読み返すことが重要です。

私は、手帳を肌身離さず携帯しており、

  • 8:00
  • 10:00
  • 13:00
  • 15:00
  • 17:00   と、始業時や休憩時間の度に読み返す様にしています。

5.TO DOリスト 活用術

「TO DO=やること」リストの意味です。

やらなければいけないタスクの先頭に□チェックボックスを書き込みます。

(例)

□3/25(月)9:00 乾燥機の電源入れる

□今日中 ローダー粉塵タンク 清掃

□今週中 対策書 提出        など

ポイントは、期日を付けてメモ!

完了したら、□にレ点チェックします。

TO DOリストの良いところは、視覚的に管理できるところです。

長年使って慣れてくると、□のタスクしか目に入らなくなります。

技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

【注意】技能検定過去問題集・解説書は、数年毎に改訂されます。本記事の執筆は平成31年3月現在の最新情報になります。ご注意ください。…