スポンサーリンク



今日からできる改善活動 ⑥「改善活動を繰り返す」 2つの重要ポイント 射出成形 技能士 職場の基本

毎日毎日同じミスしちゃうなぁ。

もう怒られるのも嫌になるわぁ。。。

そんな負の連鎖は今日で断ち切りましょう。

「なんで同じミスしてしまうんだろう?」

「何が原因なんだろう?」

ルーティーンワークを一時中断してでも、徹底的に原因調査してみましょう。

【結果】には【原因】があります。

その【原因】をつぶさない限り【結果】は変わりません。

先延ばしにせず、「今」から「改善活動」を始めましょう。

さて本日は、「改善活動」シリーズです。

第六回は、「改善活動を繰り返す 2つの重要ポイント」です。

1.「改善活動」の基本

(ⅰ)改善活動とは

簡単に言うと【現状】を「より良くすること」です。

・仕事のやり方

・工具や機械のレイアウト

・職場の環境  など仕事に関わること全てに当てはまります。

(ⅱ)改善活動の順序

改善活動を推進していく上で、第一に、どう進めていくか?

基本的な「順序」は下記の通りです。

「改善活動の順序」

1.改善点を見つける

どの会社や部署でも、「改善」が求められています。 お客さまからの製品単価の値下げ要求 原料費・人件費の高騰 ...

2.現実を知る

「停滞は後退」という言葉があります。 同じ場所に留まる事は、後ろに戻っている事なんですよの意味です。 毎日「前進するこ...

3.改善案を作成

「改善活動」をいざ進めていこうとしても 日々の業務に追われて「改善活動」まで手が回らない。 僕は言われた事だけやっ...

4.改善案の実施

「改善活動」の目的は、「目標」の達成・実現です。 まずは、「目標」を明確にする必要があります。 「目標」が決まれば、「...

5.効果の確認(フォローアップ)

思い出してみて下さい。 学生時代は、「国社数理英」のさまざまな勉強をしてこられたと思います。公式や理論があり、「学生時代の問...

6.1~6を繰り返す

本日のテーマは、「6.繰り返す」です。

2.「改善活動を繰り返す」 2つの重要ポイント

これまで解説してきた「改善活動」シリーズもこれで最後になります。

「改善点を見つけ、現実を知り、改善案作成~実行、そして効果の確認をする。」一連の流れのゴールがまた次の改善活動のスタートになります。

日々、「改善活動」を行う事で、「改善活動の種」は飛躍的に成長していきます。

そんな「改善活動」を繰り返す ポイントを3つ解説いたします。

(ⅰ)常に意識する「改善サークル」

「改善活動」の【改善サークル】を意識しましょう。

「改善活動」こそがあなたの仕事です。ルーティーンワークをしていれば安心安全ですが、毎日毎日同じ仕事をすることは、相対的にみれば、停滞=退化です。

「改善活動」を後回しにしないで、今遂行中の「改善活動」をどんどん進めましょう。

また、今遂行中の「改善活動」と並行して「なにか改善できないかな?」と新たな「改善点アンテナ」を張ってみて下さい。

「手順」「工程」「品質」「原価」「設備」「在庫」などなど、どこにでも「改善点」はあります。

生ものが腐る様に、今のやり方も時代やニーズに合わなくなっていくものです。

「改善活動」を通して「最適化」を進めて行きましょう。

あなたの周りからどんどん改善されていくはずです。

(ⅱ)「改善活動」の記録を取りましょう

実施してきた「改善活動」の記録はしっかり残しましょう

「どんな問題をどう解決したか?そしてさらにどんな効果があったのか?」

この記録こそ財産です。

あなたの「改善活動」の記録は、未来のあなたへのさらなる飛躍の「種」になります。

また、同僚、他部署などへの良い刺激にもなり、どんどん改善活動の「輪」が広まっていきます。

そして、「改善活動」のレポートにまとめることは、プレゼン力を養う上で最適です。

はっきり言います。

実際にレポートにまとめるとなると、慣れないうちはできません

「改善活動」の順序と要点をまとめ→他者に伝える能力(プレゼン力)

自分ではわかっているんだけど、文章にはなかなかできないものです。

初めからうまくレポートをまとめられる人はいません。何度も何度も作成していくことで、すこしずつ上手になっていきます。

1つ1つでいいので、丁寧にレポートを作成してみましょう。

3.まとめ

「改善活動」を繰り返す 2つの重要ポイント

(ⅰ)改善活動を回す「改善サークル」を意識しよう

(ⅱ)改善活動の「記録」を残そう