スポンサーリンク



技能検定 射出成形 実技試験 「金型はずし」

さて終盤です。気を引き締めて参りましょう。

本日は「PEパージからサンプル作成」の次工程になります。

安全作業遵守です。

金型はずし

温調機の処置

温調機の運転を「OFF」の後、送媒/返媒の全ての使用したコックを閉じます。

温調機媒体の抜き方は、地区によってやりかたが多少異なると思います。

参考手順としては、温調機コック側の継ぎ手部にて、ホースを1回路づつ、返媒にバケツや容器を設けて、送媒からエアーパージします

その際、媒体は噴き出すことがありますので、しっかり媒体の飛散予防をしてください。

媒体を抜ききったら、金型からホースをはずします。

ホースは基本的に金型の下側から外します。

金型はずし

金型開き止めをします。

その後チェーンブロックにて金型をはずしていきましょう。

チェーンブロックの点検です。指差し確認しましょう。(チェーンの垂直、たるみ)

時間的に焦ってしまいがちですが、金型の取り扱いには十分注意し安全作業遵守。

吊り上げ時、タイバーや成形機本体に当てないこと。

吊り下げ時、底面の水口を確認し、基の位置に戻します。

工具、射出台の片付け

使用した工具、金型取り付けクランプなどの片付けです。

掃き掃除をします。

技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

【注意】技能検定過去問題集・解説書は、数年毎に改訂されます。本記事の執筆は平成31年3月現在の最新情報になります。ご注意ください。…

コメント

  1. 楠本 より:

    いつも貴重な情報をご提供いただきありがとうございます。先日2級技能検定を受けたものです。技能検定の際に2点ほどミスしてしまったことについてご教授頂けると幸いです。
    1つ目はポリエチレンの成形に移る際にVP切り替えの設定をしておらず指摘されてしまいました。(オーバーパック等の大事にはいたっておりません。。)
    2つ目は金型を下ろしてから気づいたのですがゲート部に樹脂が残ってしまい、取り出せない状態になってしまいました。開けば確実に取り出せるとは思います。

    この2点について大きな減点となりますでしょうか?よろしくお願い致します。

    • plataro より:

      ご質問ありがとうございます。
      技能検定2級受験お疲れさまでした。
      結論から先に申し上げます。
      1つ目のVP切換え位置の入れ忘れは、どのくらいの減点になるかは、わかりません。
      金型破損の恐れがある行為とみなすか、緊張してただ入れ忘れたのだろうとみなすかは、現場検定員又は地域の方針による所が大きい様です。
      地域によっては、入れ忘れ防止を避けるために検定員に入力条件を確認してもらう様です。VP切換え位置を入力しないとオーバーパックで一発終了とところでしたので、検定員に指摘される事で失格は避けられて良かったですね。
      2つ目のゲート部の樹脂残りは問題ございません。
      学科試験対策や、その他の仕事に関しての記事もUPしていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

      • 楠本 より:

        早速のお返事誠にありがとうございます。検定員がどうとらえたかによって減点数が異なるとのこと理解しました。大きな減点になってないことを切に祈るばかりです。。

  2. 楠本 より:

    VP入れ忘れの減点が40点以上とかになってなければ良いのですが。。結果を見たいような見たくないような、そんな気分です。ともあれご報告させていただきます。