スポンサーリンク



実技検定 射出成形 実技試験 「Y組成形」

さぁどんどん参りましょう。

今回のテーマは「Y組成形」になります。

1級 PC

2級 ABSです。

ABS、PC共に質量は「51g/個」です。

ちなみにX組 PSは「48g/個」です。

工程順に解説していきましょう。

X組成形終了からY組成形スタートまで

ホッパーのPS材料を抜き取る

シャッターを閉め、ホッパーのPS材料を抜き取る。

1級はレポート「材料歩留り率計算票」を作成しないとならないので、残量を測っておくこと。(小数点以下第一位まで記入する。)

エアブローし、PS材料のなきことを確認する。

ホッパーの蓋は丁寧に扱ってください。

Y組成形 加熱筒 温度設定

2級

<ABS設定温度>

ゾーン Z5 Z4 Z2 Z1
200 220 210 180

1級

<PC設定温度>

ゾーン Z5 Z4 Z2 Z1
300 310 300 290

使用する樹脂のグレードにもよりますので、目安としてください。

Y組成形 温調機 温度設定

2級

<ABS>

50℃  (PS50℃ですので変化なしです。)

1級

<PC>

80℃

1級 レポート作成(X組成形分)

加熱筒の昇温中に

・「成形収縮率計算票」

・「材料歩留り率計算票」

の内、X材料分を作成しましょう。約100℃を上げるのに10~15分程度かかりますので、レポートは落ち着いて作成しましょう。

参考までに、各レポートのフォーマットになります。

記入する際の「単位」がややこしいんです。

「成形収縮率計算票」

短辺 長辺
金型呼称寸法 75.00mm 100.00mm
成形材料名 X Y X Y
実測寸法
成形収縮率 /1000 /1000 /1000 /1000

※製品をノギスで測定する場合は、製品を作業台等の上に置き、ノギスを両手で扱うこと。

<記入時の注意点>

当日配布されます実技試験問題の注意事項内に書かれていますが、単位に注意して下さい。

実測寸法、差 → 1/100mm単位記入。

成形収縮率  → 1/10000を四捨五入し1/1000単位で記入。

技能検定 1級 射出成形 技能試験 レポート「成形収縮率計算票」について、ご質問がございましたので、ポイントをふまえて解説します。...

「材料歩留り率計算票」

成形材料名 (X) (Y)
持参量     (kg) kg kg
残量      (kg) kg kg
使用量     (kg) kg kg
(A)単位質量  (g)
(B)良品数   (個)
(C)=(A)×(B)(kg) kg kg
歩留り率    (%)

<記入時の注意点>

当日配布されます実技試験問題の注意事項内に書かれていますが、単位に注意して下さい。

・持参量、残量、使用量 → 小数点以下第1位。

・(A)単位質量(g) → 小数点以下切り捨て。

・(C)の記入欄には(C)の数値のみ。(計算式は不要。) → 小数点以下第2位を四捨五入し少数点以下第1位を記入。

・歩留り率 → 少数点以下第3位まで算出し四捨五入し、%表示。

Y組材料投入し材料替え

Y組材料を投入しパージします。

ホッパーの蓋は丁寧に扱い、材料投入後は閉めること。

材料替えは2級ABS、1級PCともに500gもパージすれば、簡単に完了です。

Y組成形 スタート

さあY組成形スタートとなります。

X組成形をトラブルなくこなした方は、時間的にも気持ち的にも余裕です。

逆にX組成形ではまってしまった方は、焦って焦ってドキドキではないでしょうか。

特に、1級のPC40個は、高い壁となって受験者の挑戦をあざ笑うかの様ですね。

各級毎に解説していきましょう。

2級「ABS」

条件的には、「X組成形」と一緒です。。。

ゲート裏のヒケが強い時は、保圧力を増やすか保圧タイマを増やして調整しましょう。

PSと比較して不透明材料なので離型のキズなど見えにくいですので良く検査しましょう。

1級「PC」

条件は、PS条件から成形品をみて調整しましょう。

側面のウエルドをみて、速度を決めます。

V字(少しでも隙間があけば)はOKです。

速度が遅いとY字になってしま減点になります。

図解 射出速度による成形品の良否 長辺ウエルドラインの形状と射出速度の関係 速度が遅い → Y字 減点 速度が速い ...

短辺の段々は、保圧と保圧時間で調整しましょう。

ゲート裏のヒケも同様です。

糸引き:私の受験時はノズルバックを使って成形しました。ただし、射出台が後退限まで下がらないと金型が開いてくれない成形機だったので、1サイクルがすごく伸びてしまいました。

結果、合格はしましたが、時間はギリギリで打ち切り5分前でした。

条件調整で不良と判断しても、とりあえずは40個揃えることが前提です。その後、残り時間内でできる限り良品を作成し入れ替えるという方法で選別します。

材料抜き取り

1級は上記にもありますが、レポート「材料歩留率計算表」を作成しますので、PC残量を計測します。

2級は残量の計測は不要です。

各級、ホッパーをエアブロしてY材のなき事を確認します。

その他のポイント

残り時間からの逆算

「Y組成形」終了後の作業は、

・PEパージ

・1ショットサンプル作成

・金型取り外し

・レポート作成

・掃除/片付け

です。

残りの作業が何分かかるか把握して、心に余裕を持って「Y組成形」の作業時間を逆算しましょう。

1級レポート作成のポイント

私の受験時は先に書いた通り、ノズルバック成形で1サイクルがとても伸びてしまいました。

そこでPCのレポート「成形収縮率計算表」はこの待ち時間で完成させました。

残り時間が少なくなってレポート作成が難しいようなら、片手間ですが作成してしまいましょう。その際見直しはきちんとしましょう。

※実技試験問題 注意事項内

パージ終了の確認を受けた後、成形した成形品の1つを抜き取り、寸法測定を行い、試験当日配布される実技試験解答用紙に測定値を記入し、提出すること。とありました。

受験される地域によって、許容されるかどうかわかりません。当日試験官に聞いてみてください。

技能検定参考書のご紹介

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 参考書のご紹介はこちらから

【注意】技能検定過去問題集・解説書は、数年毎に改訂されます。本記事の執筆は平成31年3月現在の最新情報になります。ご注意ください。…