スポンサーリンク



技能検定 射出成形作業 実技試験 合格への最重要ポイント

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 実技試験を受験生の皆様へ

「皆さまの合格をお約束します!!」

当【Plastic Fan】では、技能検定 射出成形の対策記事を中心に射出成形の仕事に役立つノウハウをまとめております。

射出成形作業 実技試験は、テクニックが必要です。現場の知識・経験だけでは、合格できません。

  • 実技試験において、問われる【技能】は?
  • 受験生の半数以上が陥る【不合格原因】は?
  • なんで何回受けても合格出来ないんだろう?
  • 成形品の「品質」の基準はあるの?   など

様々な要因があり、それぞれに対策ポイントがございます。最初のテーマは、「実技試験 合格への最重要ポイント」です。実技試験を受験するに当たってまず知っておいてほしいポイントになります。

1.「時間」との戦い

(ⅰ)受験者の半数は、時間切れで失格

限られた時間の中で行う試験です。最重要ポイントはまず時間内に必要個数を成形し、試験を終わらせることです。

受験者の半数は、時間切れによる失格です。

【実技試験の工程】

  1. 金型準備
  2. パージ
  3. X組成形
  4. Y組成形
  5. PEパージ
  6. サンプル作成
  7. 金型外し
  8. レポート作成
  9. 清掃

各工程で、安全かつ手際よくこなさなければ時間内に終わりません。とにかく時間内に終わらせることを意識しましょう。

【関連記事】

実技試験のまとめ

「実技試験」各工程ごとに対策ポイントを詳しく解説しています。

技能検定 プラスチック成形 射出成形 2級 1級 受験生の皆様を全力で応援します。 「実技試験」は、試験官立会いの下、...

(ⅱ)事前シュミレーション「時間管理」

「段取り8分」と良く言われます。事前シュミレーション、特に「時間管理」が重要です。しっかりと工程ごとに時間配分をしておきましょう。

きちんと事前シュミレーションしておく事で、気持ちに余裕が生れ、最高のパフォーマンスを引き出してくれるのです。

【関連記事】

「打切失格」攻略ポイント

技能検定 射出成形 【実技試験】 受験者の半数は試験時間超過による打ち切り失格です。 言い換えれば、「時間を制するもの...

「1秒」を意識する時間短縮の極意

技能検定 射出成形 実技試験 提出数は下記の通りです。 X組 Y組 1級 PS 40個 PC  ...

(ⅲ)緊張をコントロール

  • 不慣れな成形機
  • 検定員の目
  • 緊張、焦り

いつもはできる作業なのに、手間取ってしまったり、うっかりミスや確認不足が起きてしまいます。しかし、1つミスをしたからといって失格ではありません

(例外として、オーバーパックして金型が開かなくなったらアウトですが。。。)

隣の成形機の受験者も緊張は一緒です。これはみんな経験することです。緊張をうまくコントロールしましょう。

【関連記事】

「緊張」をコントロールしてベストを尽くす方法

本日のテーマは「緊張」です。 試験前になると、人はなぜ緊張するのでしょうか? 人が「緊張」する時の心の状態はどうなって...

2.射出成形作業を採点される

(ⅰ)プラスチック成形(射出成形作業)の実技試験[文言]

1級 プラスチック成形(射出成形作業)

実技試験問題

次の注意事項に従い、与えられた金型を成形機に取り付け、2種類の材料を用い、別図に示す製品を成形し、成形材料ごとにそれぞれ良品と思うものを40個ずつ提出しなさい。

さらに、各成形材料ごとに、それぞれ製品1個を抜取り、実技試験(作業試験)解答用紙「成形収縮率計算票」に示す指定箇所の寸法を測定し、成形収縮率を計算しなさい。また実技試験(作業試験)解答用紙「材料歩留り率計算票」を作成しなさい。

そもそも、技能検定 射出成形作業の実技試験です。

「高品質な製品を成形しなくちゃいけない。」と思ってつまづいてしまう受験者が多いですが、検定金型では、もともとまともな製品は成形できません。

「ヒケ」ててOKなんです。わざと「ヒケ」る様に設計されています。高品質な製品を追うとはまってしまいます。

良品の概念】:「検定金型を用いて、制限のある条件の中で、取ることが出来る良品」です。

製品の品質よりも、射出成形作業全体を採点されるんだということを意識して下さい。

(ⅱ)試験の採点方法

実技試験の採点は、減点方式です。

成形品の品質減点は、1つの不良に対して0.1点や0.2点などです。

成形機や周辺機器の取り扱いが、危険作業とみなされた際の減点は大きいです。

「成形品の不良<危険作業」成形品の不良よりも、危険作業をしないことを心がけて下さい。

安全作業順守が基本です。

(ⅲ)検定員にみせる作業

まず技能試験を採点しているのは、試験会場の検定員です。採点ポイントを押さえていかに減点されない様に、しっかり作業を見せることが大事です。

  • しっかり安全確認をしてますよ。
  • 測定も両手で行ってますよ。 など

受け取る側に伝わって初めて認められます。ただ早くやればいいという事ではなく、「適正な作業をしています。」と伝えることを意識して下さい。

(ⅳ)合格ラインは60点

60点まで減点されても合格です。この合格ラインを重視して下さい。大学受験などのように上位何名が合格というような試験ではございません。合格ライン以上であれば、技能士資格が取得できます。

  • 成形品の品質の配点を気にするよりも、安全作業を優先しましょう。
  • ショートしている製品でも1個とカウントできます。
  • 前述した通り、実技試験は時間との戦いです。

満点を取りに行く事は絶対にやめましょう目的は合格であって、満点ではございません

3.あいさつ・礼儀

(ⅰ)Q : 検定員は、どんな人が務めるの??

A : 各都道府県の「プラスチック工業振興協会」に協賛する企業の社員さんです。

地元の射出成形工場の社長さんや社員さんってことです。検定員の方も、「受験生には受かってもらいたい。」って親心は必ずあります。

減点項目を調整をしたり、試験時間を操作するなどの【検定員違反行為】は絶対にないですが、良い意味で検定員の方の力を借りましょう。

(ⅱ)作業態度

技能検定を統括する中央職業能力開発協会のウェブサイト内の【技能試験の採点項目及び配点】では下記の様に記されています。

【実技試験 プラスチック成形 射出成形作業 1級2級】

実施形式 採点項目 配点
作成等作業試験  製品 100点
 レポート
 作業動作
 作業態度
 作業時間

採点項目にばっちり作業態度が含まれています。

礼儀正しく元気にあいさつ。

「おはようございます。本日はよろしくお願い致します。」

機械操作でわからないところは質問可能です。悪態つかずに気持ち良く教えを請う姿勢。自然と検定員の方も出来る範囲で力になってくれます。

4.まとめ

  • 時間との戦い「時間管理」
  • 「射出成形作業」の試験
  • 受験態度

この3点を押さえることで、合格の可能性は格段に上がります。

最重要ポイントとして最初の基本テーマに選びました。

5.関連記事 まとめ

「Plastic Fan」では技能検定合格の極意を工程別に細かく、深くまとめてあります。

○トップページ○

↓下の画像をクリック↓

○実技試験 まとめ○

技能検定 プラスチック成形 射出成形 2級 1級 受験生の皆様を全力で応援します。 「実技試験」は、試験官立会いの下、...

○学科試験 まとめ○

射出成形 学科試験 徹底対策 試験科目の範囲は広く、「技能士」として認められるには、たくさんの知識教養を身につけなければいけ...

○射出成形のスキルアップ○

射出成形の仕事に関する記事をまとめました。 「知識」「ノウハウ」を知り、どんどん活用していくことで身についていきます。 1...

その他、改善活動、資産運用など、「読んだら変われる」を意識して記事を書きためております。ぜひご一読下さい。

コメント

  1. プラや より:

    為になる情報感謝しております。
    質問なのですがスプルー裏のヒケは完全に塞がりますか?
    塞がらなかったら減点ですかね?
    あと管理人さんは1級の時何点で合格されたのでしょうか?
    今年こそは1級受かりたいです・・・

    • plataro より:

      スプール裏のヒケは完全には直りません。
      限度はありますが、大きくヒケていると減点になります。
      すみません。合格点の公表確認は仕事の都合がありできませんでした。
      1級合格目指して頑張って下さい。製品の品質より時間内に終わらせることと安全作業を重視する事で合格率は上がります。
      射出成形作業の試験になりますので、良品を成形しなきゃと品質を負い過ぎ無いよう気を付けてください。
      頑張って下さい!応援しております!

      • プラや より:

        お忙しい中返信ありがとうございます。
        先日試験受けてきました。
        PSは上手くいったのですがPCがガスのくもりがとれずそのせいかウエルドが出てしまい材料も時間もなくそのままの製品で終わってしまいました。
        ヒケは大丈夫そうだったんですが。
        時間も8分オーバーしてしまい厳しそうです。
        ほかの作業は恐らく問題ないと思います。
        やはりくもりとウエルドはかなりの減点でしょうか?

        • plataro より:

          お疲れさまでした。PC製品の曇りは、おっしゃる通りガスによるところと思います。ウエルドと曇りと言う事なので、加熱筒温度を低くしたり、速度を少し下げてみるなどが効く事あります。金型のパーティんグ面の清掃や型締力を下げてみるなども効果があるかもしれません。実際の試験時に条件を色々いじってしまうと、どのパラメーターが効くのかわからなくなってしまいますね。
          実際に何点減点かは公表されていません。ですが1つずつの不良に対して0.1単位で減点される様です。
          危険作業や不適切は作業がない様ですので、良い結果が得られると良いですね。
          大変でしたね。時間8分オーバーでも打ち切り時間内に終了できたことは素晴らしいと思います。
          今後も、射出成形の記事を発信していきますので、よろしくお願いします。

          • プラや より:

            ありがとうございます。
            危険作業になると思うんですがクランプを取り付けの時に落下させてしまいました…
            これはかなりの減点になるでしょうか?
            だとしたら、厳しいかもしれません…

          • plataro より:

            クランプを落としたくらいは危険作業にはなりませんのでご心配なく。合格していると良いですね。良い結果を祈念しております。今後もよろしくお願いいたします。

  2. 米川純二 より:

    樹脂成形をして3年目に入ります。
    本日、2級の実技試験が終了しました。
    丁寧に説明されているのでとても助かりました。
    ありがとうございます。
    自分なりにイメージを持って挑んだのですが機械の使い勝手に戸惑い、時間が掛かってしまい延長3分前まで掛かってしまいました。
    今回の試験での成形機は、日精樹脂さんの機械で
    、私が扱っているのは住友さんの機械です。
    もっとしっかりと下見をしておけば良かったなぁと悔いが残ります。
    何とか合格していればラッキーな感じですが不合格であれば、またプラスチックファンを拝見させてもらいながらチャレンジします。

    • plataro より:

      試験お疲れ様でした!慣れない成形機と当日の緊張でなかなかベストなパフォーマンスを出すのは難しいですよね。受験者の半数以上が時間切れの失格ですので、無事に試験を終了させられたことは素晴らしいと思います。結果が楽しみですね!
      少しでもお力になれて嬉しいです!
      今後も射出成形に関する記事を書き溜めていきますので、よろしくお願い致します。

  3. ゆうき より:

    初めまして初投稿です。
    本日射出成形2級実技試験をしてきました。
    夜勤前に気合いを入れていってきました。
    psの適正温度、absの適正温度はどれくらいなのでしょうか?psは225、absは235度くらいで成形しました。psは製品に最初曇りが出ましたが対策はどうすればよかったでしょうか?
    オーバーパックと丁寧な作業を意識しすにまして、25分延長してしまいました。減点は大きいでしょうか?
    最後急ぐあまり、成形機から金型を降ろすとき、ワイヤーにテンションかけ過ぎてしまいました。
    すぐ緩めましたが、後で注意を受けました。減点は大きいでしょうか?
    不安でしかありません。

    • plataro より:

      受験お疲れさまでした。
      PS、ABSの適正温度は、220~240℃位で良いと思います。
      PS製品立ち上げ時の曇り要因は、計量が安定するまでガスが発生しやすいので曇る事があります。また、金型表面が汚れていたり、金型の温度が安定するまでに時間がかかることも要因となります。立ち上げ時のみの現象なら問題ありません。
      丁寧で安全な作業はとても大事です。時間内に終了できて良かったですね。とりあえず終了させることが難しい試験です。
      ワイヤーのテンションに関しては、地域や検定員によると言えます。
      軽微な指導と取るか、危険作業ととるか。申し訳ありませんが、私に判断はできません。
      緊張と不安の中、お疲れさまでした。結果が楽しみですね。
      今後も、記事を発信していきますので、よろしくお願いします。